愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

2009年 05月 04日 ( 1 )

Nettle Soup

昨日は友人がディナーに招待してくれました。
2月にも招いてくれたヴェジタリアンの友人です。
もちろんお料理は肉魚なし。
スターターはネトルのスープ、メインはヴェジラザーニャにサラダでしたが、
このネトルのスープが絶品でした。
e0149801_23543582.jpg
ネトルとは日本名ではイラクサ。道ばたや荒れ地で生育するいわば雑草。
全体に細かいとげがあり、皮膚を刺激する液体を分泌します。
20年前に初めてアイルランドに来た時、何も知らずに触ってしまって大変な目にあいました。
葉っぱがシソやハーブのレモンバームに似ていたので、つい手をのばしたのでした。
触ったとたんにチクチクして焼け付くように痛く、真っ赤な発疹。
けっこうな時間、痛みはおさまらず、二度と触ってはいけないと身をもって知りました。
ところがこのネトル、鉄分やカルシウムなどのミネラルやビタミンが豊富に含まれるそうです。
加熱すると刺激物質も無害となります。

ネトルスープを作ってくれたのはもうひとりの招待客で来ていた
お料理上手の友人だったのですが、近くのオーガニックファームの敷地で
摘んできたということでした。
どこでも生えているとはいうものの、犬の散歩道とかにあるのは
避けたほうがいいですからね。
もちろん摘む時は厚いゴムの手袋をはめなければなりません。

玉ねぎ、リーク、ジャガイモと一緒に煮てブレンダーにかけ、
生クリームでまとめてあったのですが、何ともいえない鮮やかな緑。
カメラを持って行かなかったのが悔やまれます。
少し清涼感がある独特の風味が何ともいえません。
ストックも使ってないのに、こくもしっかりあって本当においしかった。
機会があれば、ぜひネトルを摘んでこのスープを作ってみたいです。
[PR]
by happytable-eire | 2009-05-04 15:41 | About food | Comments(4)