愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

アイルランドの海藻を学ぶ 1

e0149801_10311550.jpg

さて、この前の記事で書いたDingle Food Festival では、
料理のデモンストレーションや食に関するワークショップが
いろいろと開催されていました。
その中に“Learn to identify and forage for seaweeds on our shores”
(地元の海辺で海草の識別と採集を学ぶ)というのがありました。

地元在住のネイチャーガイドのDarach O’Murchu氏による、
Dingle半島周辺の海草・海藻についての講習。
実際に海辺に行って、採集しながら教えてもらえるので、
がぜん興味を持ちました。

年に必ず何度かは訪れるWest Corkで海辺へ行くと、
いつも辺りの海草を見ながら興味津々だったのですが、
見たこともないものも多く、流れ着いたのを拾って
お風呂に入れるくらいしか、試したことはありませんでした。
(余談ですが、この海藻風呂、凄く気持ちいいんですよ。)

問い合わせてみると、集合が9時45分、そこから海辺へ移動。
終了後、街へ戻るのが1時半ということでした。
私のワークショップが2時からなので、時間的に無理。
でも、地元の友人が早目に迎えに来てくれるというので、
お言葉に甘えて参加できました。感謝!

晴れ渡っていて暖かいと思ったのですが、海辺は肌寒く、
もう1枚着込んでおけばよかったと思うほどでした。
干潮や満潮時の調べ方や海辺を歩く時の注意から始まり、
そこに生息する14種類の海草・海藻の見分け方、採集の仕方、
食べ方まで約2時間、しっかりと教えていただきました。
車の方へ戻ったら、料理をして試食まであったのですが、
私はそこでタイムアウト。泣く泣く街へ戻りました。
e0149801_10313490.jpg


幸運にもフードジャーナリストのSally Mckenna さんも
アドバイザーとして同行してくださっていたのですが、
彼女はこの7月にアイルランドのシーウィードを紹介する本
出版されたばかりのエキスパート。
おかげで専門情報満載の内容となりました。

彼女はその後も、シーウィードについてのワークショップを
されたのですが、会場は参加者で満員でした。
私も自分のが終わって大急ぎで片付けをして駆けつけ、
ぎりぎり最後のほうですべり込みました。
料理も何種類か見せておられましたが、若布のサラダなんて、
まるで日本の酢の物のような味。
栄養面で優れていることを強調しておられましたが、
やっぱりおいしくないと食べられませんよね。

アイルランドには昔から海草を食べる習慣があったそうです。
映画『The Secret of Roan Inish』(フィオナの海)-1994年
の中でも、アイルランド北西部の島で、海草を煮てスープを作る
シーンが印象的でした。
今やすっかりすたれている海草を食べる習慣ですが、
その優れた栄養面で注目され、今やちょっとしたブームです。
SallyさんはWest Corkの海辺に住んでおられるので、
彼女にとっては海や海草は生活の一部。
それだけに彼女のキャンペーンは熱がこもっています。

もう一つ、そのワークショップで感銘を受けたのが、
案内人Darachさんの自然に対する態度。
自然を甘く見てはいけないと、潮の満ち干に気をつけること、
また採集についても、どのようにどのくらい切るか、
一カ所で採らずに、少しずつ切っては移動しながら採るとか、
サステナビリティを考えた採り方を厳しく言われていました。
長くなるので、当日採集した海草のことは、また次の記事で。
翌日、家へ持って帰って料理もしたので、そのことも書きますね。

何はともあれ、きれいな空気と海、美しい景色をみながら、
そして海草をつまみながら過ごしたおかげで、すっかりリフレッシュ。
楽しくて楽しくてたまりませんでした。
やっぱり私はこういうことが好きだと再確認。

私が参加したのは全体で3時間半ほどのワークショップでしたが、
これはフェスティバルの企画としての特別なもので、
普通は一日コースでされているとのこと。
今年はもう季節が終わったので、次は来年の春になるそうですが、
興味のある方はELEMENTS outdoor training & adventure
Darach(ダラ)さんへご連絡を。
e0149801_10312792.jpg

[PR]
by happytable-eire | 2013-10-16 23:59 | Life in Ireland | Comments(0)