愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

ワイルドガーリックの和アレンジ

今年もワイルドガーリックはHowthへ二度出かけて、
たくさーん摘みました。
春らしくなってくると、もうそろそろかなと気になって、
いつ摘みに行こうかとそわそわしてきます。
4年前の初体験以来、これだけは春に欠かせないと思うほど、
お気に入りの野草です。

最近知ったことなんですが、ドイツ語では「熊ネギ」、
フランス語では「熊のにんにく」と呼ぶそうです。
冬眠から覚めた熊が好んで食べるのだとか。
にんにくと同じ成分が滋養をつけるということなのでしょうか。
また、これを食べた牛のミルクは、にんにくの匂いがして
それから作ったバターが貴重品だったとか。
また、ドイツではとても人気があって、多くの人が摘むので、
乱獲で量が減っているという記事もありました。

ここアイルランドでは、こーんなにたくさんあっても、
それほど人気があるとは感じません。
食に保守的なアイリッシュなので、強いにんにく臭が敬遠されて
いるのかもしれません。それがいいのにね。

今年もまずはたっぷりのペストソースと餃子を作りました。
その他、おひたしや炒め物は定番です。
そして、今年初めて試してみて、とてもうまくいったのが、
白味噌と合わせたワイルドガーリック味噌。
木の芽味噌の木の芽の代わりに使ってみたわけですが、
これが大ヒットでした。
鮮やかな緑色とにんにくの香り、でもにんにくとはまた違う
青臭さも春らしくていい感じです。
少し前に二度目の筍を買ったとき、香菜で木の芽の代わり
使っててみましたが、完全にこちらに軍配が上がります。

今月の和食ワークショップは、春の山菜をテーマにしていたので、
鮭の塩麹焼きに添えてみました。
少なめの量の塩麹で一晩漬けておいた鮭はふんわり甘みもあり、
味噌のピリッときいた辛味と強い香りが引き立ちます。
薄切りにして素揚げにした筍を添えたら、さらに春らしい装い。

ここのところ続いている陽気は、もう春というより夏のようですが、
アイルランド生活が長くなると、こういうお天気が続くと、
曇ったり雨が降ったりすると、ほっとしたりします。
春の花の花粉にやられて体調がよくない私としては、
早く散ってお天気も落ち着いて欲しいところです。
さあ、あと数日で5月。来月は忙しくなりそうです。
e0149801_7501451.jpg



4月の和食ワークショップの献立
筍ご飯
ムール貝の酒蒸し 昆布水仕立て 
鮭の塩麹焼きと筍の素揚げ ワイルドガーリック味噌添え
ワールドガーリックの辛子和え
わらびのおひたし
コールラビの漬物

次はムール貝の酒蒸しを紹介します。
[PR]
# by happytable-eire | 2014-04-27 23:59 | ・Japanese | Comments(0)