愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

ひじきの炊いたん

日本にいれば考えられないことですが、なんとお米を切らしてしまいました。
まだお米のリサーチは続いていて、まだ大きな袋で買っていないので、
うっかりして全部なくなってしまいました。
そろそろ大きな単位で買わないと、お米が切れるなんていう
非常事態(?)になってしまいます。
いくらパンやパスタがあっても、ご飯でしか食べられないおかずも
ありますからね。
というのは、昨日、日本人のお友だちから『ひじきの炊いたん』
をいただいたのに、お米が切れていたので取ってあったのです。
今日は何としてでもご飯を炊かなければなりません。
とりあえず、スーパーで500g入りの袋を買ってしのぎました。

ひじきに合わせて和食と決めていたので、ノルウェーサーモンを
買ってきて照り焼きにしました。
お醤油と生姜の絞り汁、本来なら日本酒を使うところですが、
これも切れてしまっていたので、バルサミコ酢とお砂糖少々を
加えたつけ汁に鮭の切り身をつけ込み、グリルでこんがり焼きました。

白菜のサラダと、豚汁、ご飯は黒米を少し加えたご飯にしました。
ひじきが『ええかげん』の薄味で炊いてあり、入っている炒り豆腐が
いいアクセント。
京都では煮物のことはすべて『炊いたん』と言います。
この間はかぼちゃの煮付けと書きましたが、普段は『カボチャの炊いたん』
としか言いません。
『炊いたもの』が縮まった言い方だと思いますが、『煮付け』とか『煮物』
と言うと、なんかしっくりこないのです。e0149801_8554933.jpg

作ってくださった方も私と同じ京都の出身。
なのでやっぱり『ひじきの炊いたん』としときます。
おいしいよばれました。おおきに。

e0149801_857124.jpg




ひじきは写真に取るのが難しくて、タイトルなのに後ろにまわってしまってごめんなさい。
[PR]
Commented by M50 at 2009-02-11 02:54 x
ひじき暫く食べてないです。また一つ食べたいリストが増えました。
偶然ですが実は今晩、サーモンフライのタルタルソースにしようと思って朝から解凍していた所です。バルサミコのつけ込んだものは食べたことないから食べてみたいなぁ。でもフライも食べたい!う~ん悩むなぁ。。。
お米の件ですが錦(24ユーロ)が美味しいというのを聞いて今使ってますが16ユーロの日の出(Shinode)とさほど変わらないような気がするのは私だけでしょうか?
Commented by happytable-eire at 2009-02-11 07:11
☆M50さん、私も久しぶりでした。娘に食べたいと言われてたんですけど、作る前にいただいてしまいました。
バルサミコはコクをつけるのにほんの少しだけにしてくださいね。
お米は今日買って来ましたが、錦が売り切れてて、国宝(24ユーロ)というのを買い、・・・です。小袋もなくて大袋を買ったので、しばらくはこれで・・・。店の人はは日の出が一番いいと言ってましたが?一番たくさん積んであったので、早く売りたいだけ?お米のことは悩ましい問題です。
Commented by kanako at 2009-02-11 20:42 x
京都では『炊いたん』で通じますよね、親しみがわきます、イイ響きです。
私も明日はひじきを炊いてみようかな?
それから、味噌作りですが、アイルランドでもできそうですよ。
日本の夏は暑すぎるので、気温の差のないように蔵で貯蔵させてたり、光が入らないように冷暗所に置いておくそうなんです。
25度くらいでも十分美味しい味噌が楽しめそうですよ。是非チャレンジしてみてください。
Commented by happytable-eire at 2009-02-11 23:53
☆ Kanakoさん、ありがとう。こちらへ来てから、こういう些細なことが、より大切だと思えるようになりました。
お味噌のことありがとう。そうですよね。うちでも涼しい床下に置いていました。たぶん、25度まで上がることも少ないくらいなのですが、できそうですね。麹が高くつくだろうとは思いますが、やってみますね。お義母さまによろしくお伝えください。

by happytable-eire | 2009-02-09 23:57 | ・Japanese | Comments(4)