愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

大根の代用に

e0149801_63345.jpg先日のミネストローネに使った野菜、turnip(ターナップ)です。
原産がスウェーデンということから、swede(スウェード)と表示されていることもあります。
見かけは、ちょっと小さめの丸大根。
皮が紫色と黄色で独特ですが、中身は全体がパステルイエロー。かなり堅く、水気が少なくぎゅっと実がつまった感じで、持つと見かけよりずっしり重いです。

大根やカブと同じように料理をすればいいのですが、
水分が少ないので、柔らかくなるのに大根より時間がかかります。
でも、加熱すると柔らかくなり、人参やいもとはまた違う甘みがやさしく、
香りはカブに近いかもしれません。
でも、煮くずれもしにくいです。

実はこの野菜、以前こちらに住んでいた時は一度も使ったことがなく、
私にとっては初挑戦だったのですが、
最近は切らすことのない野菜のひとつとなっています。
今が旬ということもあって、大きなのが1個1ユーロほどで買え、
けっこう使いでがあるので、重宝します。

こちらでは肉料理の付け合わせに使われたりするけれど、
ポタージュ風のスープにもよさそう。お魚との相性もいいかも。
日本とほぼ同じ大根は、こちらでも買えるお店がいくつかあって、
見つけたら買うのですが、切れていることも多く、
欲しい時にいつでもとはいきません。
そこでこのターナップが和食に大活躍してくれています。
具沢山のお味噌汁の大根の代わりに入れてもいいし、
先日は鶏団子と一緒にお醤油とお酒で炊いてみましたが、
砂糖を入れなくても、甘すぎるくらいに甘味がありました。

昨日は、ニンジンと一緒にごくごく細い千切りにして、
水にさらして和風サラダにしてみたところ、
みずみずしさはないけれど、大根代わりにまあまあいけました。
そうそう、ピクルスにもいけました。

残念なのは、いつもこういう風に葉っぱとしっぽが切られて
売っていること。
葉っぱも食べられるそうなので、丸ごとの新鮮なターナップに
一度お目にかかってみたいものです。
[PR]
Commented by ふう at 2009-01-14 10:23 x
私はどうも、このターナップ、苦手なんです。
夫の母が料理して出すのは大きな鍋でぐつぐつと煮てマッシュして出すタイプ。もっとお料理の幅が広がれば使い様があるんですね。
Commented by happytable-eire at 2009-01-14 18:29
伝統的アイリッシュの食べ方ですね。
逆に私はマッシュして食べたことがありません(笑)それも一度
やってみないとね。
Commented by ミレ at 2009-01-17 01:45 x
ホームステイ先で現物を見てダイコンに見えた私はダイコン代わりに使ってます。
手ごろで美味しいですがちょっとアクが強い気がします。
by happytable-eire | 2009-01-13 23:50 | About food | Comments(3)