愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

Chiristmas Baking 2013

タイトルに“クリスマス“が続いてしまいました。
もう半月以上前のことなんですが、自分の覚え書きとして
書いておこうと思います。
時期がずれて間抜けですが、ご容赦を。

ご存知のように、敬虔なカトリックの国アイルランドでは、
クリスマスは一大行事。
11月の声を聞くと、すっかりクリスマスムードが高まり、
お店にもクリスマスものが並び始めます。
私のような宗教観のない者にとっては、
「ああ、またクリスマスか・・・」というのが正直なところ。
子どもも大きくなってしまったのもあって、こちらへ来てからは、
クリスマスが楽しみどころか、最近は苦痛にさえなっています。
クリスマス商品がこれでもかと並び、プレゼント商戦が
繰り広げられて煽られるほどに、白けた気分になってしまいます。

クリスマス用の焼き菓子は、これだけ市販のものが並んでいても、
やはり自分で作るという人もまだまだ多いようで、
お店にはドライフルーツのコーナーが設置されたりもします。
一昨年は体調がよくなかったのもあって、完全にパスしましたが、
私もやっぱり自分で焼かなくちゃ、という気分になります。
ただ、ミンスパイは好きなので、安さにつられてつい買ってしまいますが。

昨年のクリスマス前には2年ぶりにシュトーレンを焼きました。
以前にも一度シュトーレンのことを書きましたが、
あの時は自分が講習したレシピで作ったものでした。
昨年のはなんと、ビーガンバージョンのシュトーレン。

12月半ばに、FacebookのLA在住のお友達が紹介されているのを
見ました。
ビーガンレシピだったのですが、とても作りやすそうだったので、
興味がわきました。
シュトーレンといえば、たっぷりのドライフルーツはもちろん、
大量のバターを使うのが通常ですが、これはココナッツオイル
などを使っているので、とてもヘルシー。
先日来、近くのSUPERQUINN で見かけて気になっていた、
オーガニックのココナッツオイルを買ってきて、さっそく挑戦。

そして焼けたのがこれ。
生地もしっかりしていて、ココナッツオイルも主張しすぎず、
とても奥深い味わい。
元のレシピに、自家製のオレンジピールを加えたり、
菜種オイルの代わりにヘーゼルナッツオイルを使ったり、
アレンジはしましたが、それも成功でした。
e0149801_9503072.jpg



発酵時間も含めて、たった3時間ほどで焼けてこの出来なら、
私が使っていた、サワー生地とイーストの二段仕込みのものとは
比べ物にならない簡単さながら、大満足。
以前の記事でも書きましたが、私が目指すシュトーレンは、
京都の山奥、京北町の「ベッカライ・ヨナタン」のもの。
天然酵母や有機素材を使った滋味深い味にはかないませんが、
これもかなり後をひくおいしさでした。
この後、年末までに3回焼いて、日本にいる娘にも届けました。

そして、もうひとつのクリスマスベーキングは、やっぱり
ミンスパイ。
実は11月頃からバタバタしていたので、ミンスミートの仕込みを
すっかり忘れていたのであきらめていたんです。
クリスマスの数日前になって、9月に仕込んだCrème de Cassisを
思い出しました。
もうとっくに3ヶ月は過ぎているので、そろそろ漉して
熟成させなければなりません。
漉して残ったブラックカランツの実をどうしようかと考えていて、
ふと思いついたのが、これにドライフルーツを加えて、
ミンスミート代わりに使おうということでした。
ブランディーで漬けていたので、アルコール分はたっぷり。
適当にレーズン、オレンジピールやアーモンドを加えて、
ミンスパイを作ってみたら、大当たり!
ホンモノのミンスパイとは言えないかもしれませんが、
ベリー感がさわやかで、私好み。
ついつい食べ過ぎてしまうおいしさでした。

写真はクリスマスの朝に、姉のところへ持って行く前に
大急ぎで撮ったもの。 
あ、パウダーシュガーを振るのをすっかり忘れてた。

こうしてクリスマスも無事に終わり、2013年が幕を閉じました。
e0149801_950754.jpg

[PR]
by happytable-eire | 2014-01-14 23:59 | Baking | Comments(0)