愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

再現、あぶり餅

ゴールデンウィーク中に京都に帰省していた中学時代の友人が、
今宮神社のあぶり餅を食べに行ったとFacebookに投稿していたのが
10日ほど前のこと。
京都は紫野にある今宮神社は、私が子どもの頃に住んでいた
西陣あたりの氏神さまで、毎年4月のお祭りが楽しみでした。
うちの町内で一行がお昼を取られるので、お神輿が止まっている間、
着物姿で御神輿に登ったものです。
今は5月5日が御神輿の巡行になっているようです。

神社の境内にある「あぶり餅」のお店は、「一和」と「かざりや」。
それぞれが元祖、本家と名乗って、お向かいどうしてあぶり餅を
売っています。
「一和」は平安時代頃からある日本最古の和菓子屋とされ、
今宮神社参道で応仁の乱や飢饉のとき庶民に振舞ったという
いわれがあるとWikipediaに出ています。
ということは創業千年という、とてつもない老舗。

境内から右に抜けると両脇に店があり、おばさんが店先で
竹串に刺したお餅を炭火の直火であぶっていて、
香ばしいにおいに食欲がそそられます。
お餅にはきな粉がまぶされていて、ほどよい焦げ目が入り、
そこへ白味噌の甘いたれがかけられるのですが、
このたれがどこにもない味。
一皿15本だそうですが、お餅も小さいのでペロッと食べられ、
物足りなく感じるほどです。

日曜日はそのあぶり餅の再現にトライしました。
実は友人が実家から送られたもち米を提供してくれて、
臼と杵を持って来ている友人がいて、ここアイルランドで
まさかのお餅つきが実現したわけです。
前夜は預かっていたもち米を洗って水に浸けたりの下準備。
そして朝はお餅につけて食べるあんこなども準備。
小豆はこれまた、友人が日本で買って提供してくれた丹波の大納言。
大粒のこの小豆は、一段格上のおいしさです。
そして前日にヘルスショップで買ってきた白味噌を使って、
あぶり餅用のたれも作りました。

このたれはそれぞれのお店の秘伝もの。
想像して作るしかありませんが、白味噌がベースなのは明らかなので、
あとは甘みのバランスでしょうか。
白味噌に味醂と砂糖を加えて練り、水分で柔らかさを調整しました。

餅米は約2升あったので、5合ずつ4臼つきました。
蒸し方もつき方もどんどん上手になり、最後は見事に滑らかで
つやつやのお餅がつけました。
送ってくださったもち米は、緑米という品種だったそうで、
赤米や黒米と同様に縄文時代に中国から伝わったとされている
古代米だということを、ブログを書くのに調べていて知りました。
普通のもち米より粘りが強く、甘みがあるそうです。
たしかにつき上がったお餅は、コシが特別に強くてもちもち。
私がこれまでに食べた中でも、最高においしいお餅でした。
そんな貴重なお米だったとは知らず、なんという贅沢!
e0149801_265079.jpg


さて、あぶり餅に戻りましょう。
滑らかにつけた最後の臼のお餅を小さくちぎり、水に浸けておいた
竹串の先っちょに刺していきます。
お団子のように丸めず、平たく指の形をつけるように、
ちょこっとつけるような感じ。
きな粉をまぶしたら、コンロの火にかざして適度に焦げ目を
つけます。
そして作っておいた白味噌だれにつけて食べます。
初めのを味見してみると、まだ味噌のしょっぱさが強かったので、
もう一度砂糖をたっぷり加えて味を調整してみたら、
かなり近い味になりました。

実はこのお餅つき、英国在住の私の高校時代からの友人の滞在中に
合わせて日を決めました。
本物のあぶり餅の味を知っているのは私とその友人だけでしたが、
彼女からも「この味!」とOKが出ました。
実はこのあぶり餅は最後に作ったので、みんなのお腹は
すでにかなりふくらんでいたのですが、これは別腹でした。
きな粉がついているので、お餅に焦げ目もつきやすく、
その香ばしさと、甘—い味噌だれのマッチングが
が何ともいえないおいしさ。

使った白味噌は、Clearspring社製のオーガニックもの。
私がずっと使っていた、京都の有名な「本田味噌店」の西京白味噌の
甘さと比べると、かなりしょっぱかったからかもしれませんが、
大量の砂糖を加えました。
砂糖を思い切ってたくさん加えて、味醂でまろやかさを出す、
シンプルです。
砂糖は黒砂糖も使用しているのではないかという記述を、
後からネットで見つけましたが、それもいいかもしれません。
あぶり餅は甘くないといけないんです!

あんこ餅も、おろし餅も、磯辺巻きも、安倍川餅も、そして
枝豆のずんだ餅も、餅つき前に作ったぼた餅(春はこう呼ぶ?)も、
全部ぜーんぶおいしかったけれど、やっぱりあぶり餅が
この日の目玉でした。

この日集まった、子どもも含めて総勢13人、身も心も満たされました。
こんな贅沢を味わわせてもらえたのは、ひとえに緑米のもち米を
送ってくださった風の谷ファームのおかあさんのおかげです。
この緑米の餅米は販売もしておられるようです。
本当にありがとう、そして、ごちそうさまでした。
e0149801_253227.jpg

[PR]
Commented by nagominohitotoki at 2013-05-17 08:07
おいしそう!白味噌大好きなので、食べてみた~い。今宮神社のお祭りに行かなきゃ!
Commented by happytable-eire at 2013-05-17 10:08
☆みどりさん、
ぜひ、食べてみてください。
他にはないお味ですよ。
by happytable-eire | 2013-05-15 23:59 | ・Japanese | Comments(2)