愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

会席風料理のおもてなし

5月に入り、アイルランドも急に暖かくなりました。
今日は私も今年初めて、半袖のTシャツ姿になりました。
先週からいいお天気が続いていて、気分も高揚します。
特にこのバンクホリデーの週末は、国中の人々が夏のような太陽を
思いっきり楽しんでおられたようですね。
というか、アイリッシュにとっては、これで夏も終わるかも、
という気分なんですよね。

ちょうど一週間前のことになりますが、久しぶりに料理の仕事を
させていただきました。
2年前のチャリティ“The Flavour of Japan”を開催した時に
お世話になった方のお誕生日のお祝い。
ご主人が足を骨折されているので、食事に出かけるのが難しく、
お家でお友だちを招待したいということでした。

依頼主で、お誕生日を迎える本人でもある彼女は、
先日開催したIntroductory of Japanese Cookingのクラスにも
参加くださった、大の日本料理好き。
健康的に食べることにも意識が高く、私にとっても理想的なお客様。
急なキャンセルもあって、テーブルにつかれたのは7名。
年齢的には50代から60代ということで、量は少なめをお望みでした。

実は依頼を受けたのが5日前。
メニュープランを決めてくださったのは前日の夜という、
めちゃくちゃタイトな日程。
本来ならお客様のお好みに合わせ、季節感も盛り込み、
全体のバランスを考えてじっくりメニューを練るのですが、
急な依頼で時間もなく、以前の仕事で組んだメニューを元に
3つのプランを提案しました。
その中から選ばれたのが、いわゆる会席料理風に8コースの料理。
お祝いの日の特別な料理という意味では、これを選ばれたのも納得。

食器も全部、こちらから持って行き、漆塗りの物も含めた和食器に
少量ずつ盛りつけられた8コースのお料理を、皆さんほとんど
残すことなく、召し上がってくださいました。
そして上等のワインが、どんどん空になっていきました。
お客様がお帰りになる時には、わざわざキッチンの方へ来て、
おいしかったと褒めてくださった方もあり、皆様にお料理を
楽しんでいただけたようでした。
短期間の準備にばたばたしましたが、こういう経験を積むことで、
自信もつきますし、実際、段取りはどんどんよくなってきました。
やりがいがありましたし、私としてはいい機会をいただいたことに感謝。

当日の献立はこちら。
向付は刺し身のことが多いのですが、新鮮な魚が手に入らなかったので、
生物は断念しましたが、4種類のお寿司を大きな漆のお盆に盛りつけて、
取り分けていただきました。
焼き物は、ヒレ肉ステーキ肉を薄切りにして、塩麹でマリネ。
さっとグリルして、柚子胡椒、味醂などを合わせた味噌をさっと塗って、
香ばしく焼き目をつけました。
天ぷらのかき揚げは、パースニップと人参、そして人参葉。
重くならないよう、薄めの衣で揚げました。
写真は前半のものだけです。
あとになると料理を出すのに手一杯で、写真はとても撮れませんから。
完全な会席とはいいませんが、会席風の和食コース、
おもてなしにいかがですか。
4名様からお受けします。


e0149801_1164328.jpg

(先付 ) ごまと豆乳の寒天豆腐、プチトマトの梅酒マリネ、うまみ枝豆

e0149801_12472762.jpg

(椀物 ) 鯛しんじょの吸い物仕立
             
e0149801_12474825.jpg

(向付 ) 手まり寿司(海老、スモークトラウト)、帛紗寿司、カリフォルニアロール、
      ラディッシュの甘酢漬け

(焼き物) 牛肉の柚胡椒味噌焼き、アスパラガスのグリル添え 

(揚物) 天ぷら(かぼちゃ、かき揚げ、あんこう)抹茶塩添え

(止め肴) ほうれん草のおひたし、胡麻だれ添え
(ご飯、香の物) 赤しそごはん、味噌汁(大根、ネギ)、大根漬物、
(止め椀)  味噌汁(大根、ネギ)             

(水物) 柚子のソルベ
[PR]
Commented by nagominohitotoki at 2013-05-08 17:10
お久しぶりです。こんにちわ。
アイルランドとは思えない、素晴しい懐石料理ですね。
日本では富士山が世界遺産に・・と盛り上がっていますが、
日本料理が世界遺産になるのも、結構近いかも・・。
Commented by happytable-eire at 2013-05-09 01:29
☆みどりさん、お久しぶりです。
ありがとうございます。
日本食文化が世界遺産に指定されるのは、間違いないと思っています。
海外へ出て、その素晴しさがわかりました。
日本食の素晴しさをもっと広めたいものです。
by happytable-eire | 2013-05-07 23:59 | ・Japanese | Comments(2)