愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

砂糖漬け野菜入りパウンドケーキ

先日のお客様の時、デザートというよりお茶うけに出したのが、
砂糖漬け野菜を焼き込んだパウンドケーキ。
日本から帰る時に大阪の友人がくれたお土産が、大阪八尾市にある
『桃林堂』というお店の『五智果』という野菜と果物の砂糖漬け。
見事に砂糖漬けにされた野菜や果物が、細長い箱に美しく
パッケージされ、何となくもったいなくて開けられないままに
いました。
e0149801_118588.jpg


もったいなかったのもあるのですが、このままいただくよりも、
この美しさと野菜の風味を生かせないかと考えて、
ケーキに入れてみようかと思いついたのでした。
まったくの思いつきで、ちゃんと味の想像がついたわけでは
なかったのですが、思いついたからにはトライしてみなくては。
『五智果』の内容は季節によって変わるようですが、
いただいたのに入っていたのは、蓮根、蕗、ごぼう、人参、生姜、

洋梨、金柑、オレンジ、いちじくでした。
特にいちじくはしっとりと柔らかく、干しいちじくとはまったく違う、
初めての食感。見事に和菓子になっています。

それぞれを味見して、バランスを考えて、金柑といちじくは残し、
その他のを1cm角くらいに刻んで、シンプルなパウンドケーキに
加えて焼き込みました。
バター、砂糖、卵、粉が同量ずつの基本的なレシピですが、
砂糖はソフトブラウンシュガーで、砂糖漬けの甘みも考えて
やや控え目に。
あまりフワフワとしたケーキにはしたくなかったので、
粉にはベーキングパウダーは加えずに、バターと砂糖を合わせた
ところに空気をしっかり含ませて、焼きました。
また、焼き上がった後はホイルに包んで、野菜の風味を生地に
移すようにしてみました。

さて出来上がりは、切り分けた時の人参やオレンジの赤や、
蕗の緑など、自然の色合いがきれい。
それぞれの野菜の主張は強すぎず、でも食べた時になんとなく
野菜の風味がやさしく感じられます。
ごぼうはアクがきれいに抜かれ過ぎてて、せっかくの強い風味が
消えていたし、洋梨もあまり何かわからない感じでしたが、
他のと一緒になると、それぞれの味と風味が相互作用し合うのか、
全体に不思議とまとまった味の、和風のケーキに仕上りました。
指でつまめるくらいの大きさに切り分けて、朱塗りのお盆に
盛りつけたら、とても上品。

『五智果』とは五つの色も意味するようですが、まさにその名通りの
仕上がりでした。
こんな贅沢なケーキ、なかなか焼ける物ではありませんが、
野菜の砂糖漬けの良さを十分楽しめたと思います。
このケーキ、2日目のほうがしっとりと全体の味がよりなじんで、
野菜の風味ももっと楽しめました。

「大阪にはこれ、というお土産がなかなかあらへんのんやけど」と
言いながら、これをくれた友人に感謝。
いえいえ、日本の和菓子の職人技を感じさせる素敵な一品でした。
e0149801_1154772.jpg

[PR]
Commented by kanakina at 2012-11-01 09:31
タイトルを見た時瞬間に興味津々でした。とっても上品なケーキですね。そして贅沢!
Commented by happytable-eire at 2012-11-01 09:51
☆Kanakinaさん、ありがとうございます。
本当に、贅沢この上ないケーキでした。
by happytable-eire | 2012-10-31 23:59 | Baking | Comments(2)