愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

日本料理ワークショップ in Vézénobres

またまたひと月近くお休みしてごめんなさい。

前の記事の一泊旅行の後、私事でバタバタとしていて、
そのあと、またバタバタとフランスへやってきました。
4度目の南フランス、 Vézénobres(ヴェゼノブレ)です。
今年は念願の日本料理のワークショップのために来れました。

6月12日に到着、16日の初回のワークショップまでの数日間は、
食材の調達、試作、レシピの見直しと話すことの準備と
通訳の方との打ち合わせなど、大忙し。
16日は日本食の基本である、ご飯の炊き方やダシの取り方、
そして調味料を知るための1日コースでした。
とくに調味料のワークショップは、これまでやってきたデモでは
全く伝えきれなかった、日本料理の基本である調味料を深く知って、
自由に使いこなすために考えたクラスです。
これが参加者にとても喜ばれました。
醤油、味噌、酒、みりんなど、調味料を使いこなせなければ、
料理はできませんからね。

午前中は私のデモの後、作った料理を松花堂弁当箱に詰めて昼食。
午後は調味料や日本の味についてのワークショップの後、
参加者と一緒に天ぷらを揚げて、冷たいそばと一緒に夕食。
夏らしい、日本らしい食事を楽しんでいただきました。
午前と午後の2セッションは結構きつかったですが、
とても熱心な参加者のおかげで、学ぶことがたくさんありました。
e0149801_7275399.jpg


そして第2回目のワークショップは3日コース。
日本の料理を知ってもらうためのお話と、一汁三菜の夕食にはじまり、
2日目は一日コースと同じ内容、そして3日目は実習という内容です。
日本特有のさまざまな日本の味と香りを、家庭料理を通して体験して
もらえたと思います。
この3日コースは私も初めての試みでしたが、より深く日本料理を
学びたい方にはとてもいい内容だったと思いますし、実際のところ、
そういう方が参加されていたので、満足していただけました。

実は一人の方はこの近くの Nîmes(ニーム)という街のマーケットで、
テイクアウェイの寿司屋さん“Wafu”を経営する女性でした。
日本についての知識も豊富で、その熱心さには驚かされました。
日本に憧れ、日本食に傾倒し、寿司作りの基本を習って、
後は独学でここまでやってこられただけあります。
それでも、私がお鍋で炊いたご飯や、一番だしで作ったお味噌汁を、
これまで食べた中で最高だったと言ってくれました。

今回参加者の皆さん、味覚も鋭く、醤油や味噌の味の違いも、
ちゃんと分かる方たちでした。
的確で鋭い質問が、打てば響くように返ってくるので、私も楽しく、
学ぶことも多く、素晴らしい時間を過ごせました。

実は参加者がなかなか集まらなかったので、一時はキャンセルも
考えたのですが、本当にやってよかった。
お金以上の物をたくさん得られました。
興味深い方たちとたくさん出会えて、これは何ものにも代え難い。
また、経験することが一番の財産になると実感しました。
e0149801_7285897.jpg


今年の経験を踏まえて、また来年もここへ戻ってやれたらいいなと
思っています。
ここで手に入る食材を使い、工夫を凝らして、誰にでも作れる、
日本の家庭料理を広めたいです。
日本料理を全く知らないという方でも気軽に参加出来るコースから、
深めるコースまでバラエティ豊かにするなど、工夫も必要かな。

e0149801_7293997.jpg
今回の講習メニューに加えることが出来たお料理は、ほんの数点。
その中で、焼く、炒める、炊く、蒸すなど、さまざまな調理法と、
日本特有のさまざまな味と香りを取り入れることに気をつけました。
そして調味料のワークショップでポイントにしたのが、第5の味と言われる『旨味』。
今や世界共通語ともなった『UMAMI』について伝えることが大きなテーマでした。
『旨味』が日本料理が健康食だといわれることに大きく関わっています。
これは、参加者の皆さんに納得していただけたと思っています。
このことについてはまた書きますが、今はとにかく予定を無事に終えて、
ほっとしています。

このあとの予定であるパリへの移動まで約一週間、しばらくのんびり
しますが、フランスらしい食材にも挑戦してみたいです。
南フランスにいながら、ずっと和食が続いていたので、ここらで
ちょっとガッツリとした料理を食べるぞー。
[PR]
Commented by dackey at 2012-07-20 12:52 x
Nîmesには友人を訪ねて数年に一度行っています。マーケットの中にお寿司屋さんができたとは知りませんでした。次回訪問時にはぜひ購入して、フランスの友人たちにお寿司をごちそうしたいと思います。
Commented by happytable-eire at 2012-07-20 17:35
☆dackeyさん、コメントありがとうございます。
オープンして、まだ間もないと思いますが、とてもまじめに
作っていらっしゃいますよ。
日本のお寿司とは違いますが、お寿司がこんなにスタイリッシュに
なるんだと驚かれるはず。 ぜひ!(ただし、安くないですよ)
Commented by yumi at 2012-07-22 00:52 x
実のあるワークショップだったようですね。ちゃんとした調味料の使い方さえ把握すればあとは材料しだいで自由自在ですものね。nigiri,temaki,uramaki,と日本語ですが 中身はなんでも巻けまば良いんだし。
気軽につくれる日本の家庭料理がフランスに浸透することで 海外に住む私たちも住みやすくなりますから これからもがんばって!
Commented by happytable-eire at 2012-07-22 02:53
☆ yumiさん、ありがとうございます。
ほんとうにそうですね、家庭料理を普及させたい、それが私の思いです。
by happytable-eire | 2012-06-23 23:59 | ・Japanese | Comments(4)