愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

おうどん

妹が持ってきてくれたはずなのに、しばらく見つからなかった
生讃岐うどん。
棚の中から何気なく、ひょっこり出てきました。

麺好きの私ですが、こちらに来て以来、うどんといえば乾麺。
生うどんとは食感が違います。
もちろん生といっても日持ちのするタイプなので、ホントの
生とは違いますが、このもちっとした食感は、乾麺では絶対に
味わえません。
昨日からちょっと風邪気で、あたたまりたかったのもあって、
お昼に温かいおうどんにしました。
京都の人は何にでも「お」をつけるので、私にとっても
「うどん」より「おうどん」のほうが、しっくりします。
関西の人にしか分からないと思いますが、「お」がつくと
「うどん」のイントネーションが変わって、なんだか
やわらか〜くなります。
一時、讃岐うどんが大流行りしましたが、京都のおうどんは
柔くていいんです。

とっておきの冷凍している煮干しと、鰹節とさば節の混合節を、
じっくり煮出して、おいしいだしを取りました。
上品すぎる鰹だしより、煮干しとかさば節を使ったコクのある
だしの方が、おうどんには合うと思います。
夏にはこちらを留守にするので、使いかけの食材や乾物を
できるだけ使い切りたいのもあり、ちょっと贅沢に、
たっぷり使いました。
具は乾燥の岩のりと、ネギにおろし生姜を少々。
出汁の味で、あっさりといただきました。

京都のおうどんのお汁は、だしをしっかり効かせて、
薄口醤油で、色の薄いのが特徴。
私は塩気はしっかり、甘みの少ないお汁が好きです。
砂糖は入れずに、これもとっておきの三河みりんをちょろっと
加えると、まろやかな甘さが出て、味がグンと変わります。

意外に思われるかもしれませんが、京都という町は
職人と商売人が多く、お昼は忙しくて食事の準備に
手がかけられないので、手軽に食べられるうどんやパンの
粉食文化が発達したのだとか。
私が子どもの頃は、近所のお豆腐屋さんで茹でうどんも
売っていて、よくお使いに行かされました。
おばちゃんがおうどんをお箸で器用にひと玉ずつ取って、
白い油紙に包んでくれたのがなつかしい。

また、そこら中に小さなおうどんやさんがあって、
お昼ともなるとご近所への出前で忙しくしておられました。
私の育った西陣の町も、機織り屋さんや商売の家が多く、
実家も着物関係の商売をしていたので、お昼にはしょっちゅう
おうどんの出前を頼んでいたものです。
蕎麦の専門店でない限り、麺類すべて出してるお店でも、
京都では「おうどん屋さん」と呼びますね。

子どもの頃の私の好物は卵とじとしっぽく。
京風のしっぽくうどんは、椎茸の甘煮と板麩、かまぼこ、
三つ葉がのってましたが、今から思うと、子どもにしては
えらく渋い好みです。
甘めに煮付けたお揚げさんは苦手でしたが、うちの近所の
おうどんやさんのきつねうどんは、お揚げが刻みで、
あまり甘くなくて、それも好きでした。
きつねうどんをあんでとじた、たぬきうどんは母の好物でした。

ちょっとノスタルジックになってしまいましたが、
おうどんというのは京都の人の暮らしに欠かせませんでした。
そういう町のおうどん屋さんは、どんどん姿を消し、
京都の家の近くに今も残っているお店は、地元の人より、
観光客でにぎわっています。

お蕎麦の方が好きな時期もありましたが、私もやっぱり今は
おうどんの方を選びます。
久しぶりに食べた「おうどん」、あー満足。
e0149801_957572.jpg

[PR]
Commented by ninuckey2 at 2012-05-10 18:19
雨続きで、5月だとういうのにいつまでも寒い今日この頃、懐かしい京都のおうどんが食べたくなりました。
私はあんかけも好きですが、今日は刻んだお揚げさんのきつねうどんが食べたいなー。
Commented by happytable-eire at 2012-05-10 19:23
☆ninuckeyちゃん、わかってくれるよね〜京都のおうどん。
私もきつねは絶対に刻み派。斜め切りのネギたっぷりで。。。
今日も朝から雨雨雨、またお昼はおうどんにしよかな。
Commented by yumi at 2012-05-11 03:12 x
わたしもきざみきつねのおうどんだーい好き。幸い実家の近所に大正創業のおうどんやさんが未だに健在なので里帰りの楽しみのひとつになっています。またその真隣が銭湯!!白山湯といって410円で露天風呂やサウナ3種類のマッサージ風呂つき!有馬に温泉に行かなくても京都の湧き水でお肌つるつる。新町六条 おうどんやさんは招福亭 ここのおうどんのお出汁は天下一品 多分干し貝柱なんかもはいってるよう 味がふかいです。京都の自家製細めのおうどん こしがあって素うどんで食べる価値あり。ここのほんのり甘めに炊いた三角のお揚げのあんかけたぬきうどんもお勧め。甘たき嫌いが変わります。本当においしいお揚げをつかっています。ここのおうどんはしばらく里帰りしてないと夢にみるんです。 あー食べたい!!
Commented by ぼのぼの at 2012-05-11 06:10 x
「おうどん」わかります!小さい時はよく、うどん玉を豆腐屋さんへお使いに走りました。乾麺でなく、生うどん、食べたいです~~ほんと関西風のつゆがいいですよね。。。お揚げさんも刻み派でした!
Commented by happytable-eire at 2012-05-11 09:12
☆yumi さん、新町六条の招福亭ですね! 夢に見るほどおいしいなんて、
ぜひ、行ってみたい!
京都のきつねうどんは刻みが多いですよね。
細いおうどんも多いけど、私は太めの方が好き。
でも、讃岐うどんのような、こしのある感じではなく、柔いおうどん
が京都風ですね。
Commented by happytable-eire at 2012-05-11 09:27
☆ぼのぼのさん、 大阪でも「おうどん」ですか。
やっぱり、薄色のだしと刻みのきつね、ですよね。

「食べたい」と書いてくださったのは、皆さん海外在住。
こういう「おうどん」は、食べたくてもなかなか食べられませんもんね。
Commented by てぃ at 2012-05-11 13:06 x
和歌山もおうどんでしたよ。うちはおやこでおうどんはダディーがいないときの親子スペシャルメニューです。
Commented by happytable-eire at 2012-05-11 18:11
☆てぃさん、「おうどん」仲間入りですね。
うちもそう、うちの夫もお蕎麦は食べますが、うどんは×。
おいしい親子スペシャルうどんを楽しんでくださいね。


Commented by jos at 2012-06-04 22:59 x
ほんま、おうどん、お塩、おさとうですね。仕事中でもお塩って言ってるし。
でも醤油はおしょゆうって言いませんか?
Commented by happytable-eire at 2012-06-04 23:35
☆josさん、たしかに、「おしょゆう」って言うてる!
ほんま、言うてる通りに書いたらそうなりますね。
これはどこへ行っても、いつになっても変わる事はありませんわ〜
by happytable-eire | 2012-05-08 23:59 | ・Japanese | Comments(10)