愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

フランスのお菓子たち

前回に続いて、フランスでの話を・・・
フランス滞在中は日本人の友人の家に滞在していたので、
友人が作ってくれた料理や、私が料理講習で作った献立を
皆さんに食べていただいたり、お土産の虎屋の羊羹をいただいたり、
とても和な食事でした。

村のお祭りの間は、たくさんのお店でお菓子を売っていました。
焼きたてのクレープ、パン・デ・ピス(スパイスケーキ)、
ヌガーなど伝統的なものから、マフィンのような気軽なお菓子、
今風のカラフルなマカロンまで、バラエティ豊か。
よく考えて見ると、私たちがよく知っているお菓子の名前って
ほとんどフランス語なんですね。
私は和のお菓子も好きですが、作ることにも食べることにも
より魅力を感じるのは洋のもの。
子どもの頃に京都の老舗洋菓子店Baikalのババロアケーキの
おいしさに衝撃を受けたのをいまだに憶えています。
私の甘い原風景はフランスのお菓子なのでしょう。
というわけで、今回フランスで食べたお菓子をご紹介します。
e0149801_2252470.jpg
まずはマカロン。
村の近くのお店の出店で買ってきて下さったもの。
パッケージもマカロンらしいピンク色。
私はマカロンはどうも、この鮮やかな色で敬遠してしまうし、
味もいまいち、どんなのがおいしいのかよくわからないのですが、
ルックスはこの上なく可愛いですよね。
紫色のはいちじくだそうです。

e0149801_2255862.jpg

これはパンの有名店、PAULのchausson aux pommes、
つまりアップルパイです。
駅中のお店で朝食代わりに食べたのですが、さくさくの生地と柔らかく煮た
りんごのコントラストがよく、おいしかった。
りんごの酸味がきいていて、とても軽い仕上がりでした。
この袋は日本のPAULでも使われているので、なつかしい感じがしましたが、
こちらがホンモノなんですね。

e0149801_226972.jpg
そしてカヌレ。
日本でもずいぶん前に一時期流行したことがありますが、いくつかのお店のを試してみて、
イメージがぜんぜん違ってガッカリしたことを憶えています。
私も2年前にフランスでホンモノを食べて、
やっとこんなものかとわかったばかりなんですが・・・
その時はあまりいい印象はなかったのですが、今回のはおいしかったです。
独特のもちっとした食感と卵たっぷりの感じが何ともいえません。
これは帰りに経由して、数時間街歩きをしたLyonで買ったもの。
日本でいうと昭和の香りがするような感じの街のパン屋さんで見つけて、買ってみました。
1個0.8ユーロ。安いながらもちゃんとバニラビーンズが使ってあって、
型にもちゃんと蜜蝋を塗っているようだし、本格的に作ってあります。
これは一度挑戦してみたいお菓子ですが、型が独特なので、
次にフランスに行った時に買って来ようかな。

e0149801_2263443.jpgそして、これは今回の料理講習で通訳をして下さった方が作って持ってきて下さった
チュニジアのお菓子です。
ご主人がチュニジアの方なので、まさにホンモノ。
干したデーツの間に色のついたマジパンをはさんであるのですが、
見かけよりずっとあっさりしていて、次から次へと食べられました。
名前を聞いたのに忘れてしまったので調べてみたら、
Dattes fourréesというお菓子のようです。
あちらの濃いコーヒーと合いそう。

そしてお菓子ではありませんが、Lyon散策中に行列ができてた
おしゃれなパン屋さんで買ったバゲットが今回のフランスの旅で
サイコーのおいしさでした。
買った時はまだほんわかあたたかくて、何とも言えぬいい匂いに
誘われて思わずかぶりついてしまい、ランチの直後でお腹いっぱい
でしたが、ため息が出ました。
まさに私の好きなタイプのバゲット!
ちょっともっちりしたクラムのしっとり感がたまりません。
実はランチに入ったレストランが大失敗で、このパン屋さんの
サンドイッチの方がきっとおいしかったと思ったほどでした。
バゲットは何と1本0.95ユーロ。

ここのところパン作りからはなれていますが、おいしいバゲットや
お菓子を焼きたくなりました。
[PR]
by happytable-eire | 2011-11-06 23:59 | Travel | Comments(0)