愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

縄屋のお料理

昨年も紹介した、京丹後市弥栄町にある料理屋の「縄屋」さん、
今年の法事でも昼食をお世話になりました。
昨年は秋のお料理でしたが、今年は8月下旬だったので、
まだ夏らしいお料理をいただくことができました。
遅ればせながら紹介したいと思います。
いつもながら食いしん坊の私は、お料理を見たらすぐに
お箸を付けてしまい、まわりの人たちに「写真、写真」と
言われて慌てて撮る始末で、自分のお皿ではなく、他の人のを
撮らせてもらったことも・・・
でも、私をそんなにさせてしまうほどおいしく、目にも美しい
お料理が続いたのです。
はじめの3枚の写真は設定を間違えていたので、実物の色がまったく
出ていませんがお許しを。

前菜       胡瓜 さごし 人参 ヤングコーン 蒸し煮 
                赤紫蘇煮こごり  赤玉葱甘酢
e0149801_21183857.jpg
どの野菜も火の通り具合が絶妙で歯ごたえがいい。
赤紫蘇の爽やかな香りが夏らしく、野菜がおいしい一品でした。


椀        煮梅 白瓜 白ずいき 白木耳 澄まし仕立て
e0149801_2119727.jpg
これは、梅干しを水にさらして、出汁で炊いてあるそうです。
最高のだし汁に程よく酸味がきいていて絶品のおいしさ。
じわ〜っと身体にしみこんでいくような感じで、思わずため息がもれました。
また三種類の野菜の食感がそれぞれに個性があり、これも絶妙。
特に白ずいきの歯ごたえは他にはない感じ。
その取り合わせの素晴しさに感動しました。


造り       鯛 白いか さごし焼霜造り 山葵醤油
            鮪とモロヘイヤのすり流し
e0149801_2119335.jpg
モロヘイヤのすり流しと魚の組み合わせが私には新鮮でしたが、
これ、いけましたよ。
焼霜造りも香ばしさが絶妙でした。


焼       うなぎ白焼き わさび添え
e0149801_2120975.jpg
このお料理が全体では一番人気だったかも。
シンプルこの上ないお料理なのですが、うなぎの脂の落ち具合といい、
炭火で炙った皮目の香ばしさといい、最高の技術で仕上げられたお料理でした。


お凌ぎ      いちじく胡麻酢かけ
e0149801_21202845.jpg
私もよく作る一品ですが、胡麻酢のなめらかさ、上品さにやられました。
胡麻酢が程よくいちじくにからんでいて、目にも爽やかで美しい。


揚       鮎唐揚げ とうもろこしのかき揚げ
e0149801_21213930.jpg
この料理も料理人の技術を存分に味あわせてもらいました。
鮎は風干しされているそうで、塩味も程よくまわっていて、
何より揚げ加減が素晴しい。
見かけ以上に揚げ上がりが軽く、一瞬驚くほど。骨も当然、さくさく。
また、とうもろこしの甘さが軽い衣でまとめられ、これも絶妙でした。


御飯       白ご飯  お漬物
冷鉢       賀茂茄子 万願寺 南京煮こごり 
e0149801_2122375.jpg
土鍋で炊いたご飯のおいしさに、思わずおかわり。
かぼちゃは丸ごと炊いて、煮こごりを固めて切ってあります。
万願寺も賀茂なすもまさに夏の味覚。
さっと素揚げして出しにつけてよーく冷やしてあり、
白いご飯に合う一品でした。


デザート      桃アイス
溶ける前に食べたかったので、これは写真を撮るのをパス。
一口で桃の味が口一杯に広がり、幸せな気分になりました。
たぶん、丹後の地の桃を使われているのでしょうね。
色もやさしい桃色でした。

さてさて、縄屋さんのお料理を一緒に楽しんでいただけたでしょうか。
お料理を文章で伝えるのは本当に難しいですね。
昨年の記事でも書きましたが、遠くからわざわざ食事だけにでも
行きたいお店です。
ただ残念なのは、丹後の家からでも車でないと行きにくい場所なので、
お酒が飲めないこと。
一度は運転手付きで、おいしいお酒と一緒に堪能したいものです。

帰り際にご主人ともお話させていただきましたが、朴訥とした中に
芯の強さ、自分をしっかり持っていらっしゃる方だと思いました。
可愛らしい奥様とお二人で切り盛りされています。
まだまだお若いお二人、これからが楽しみなお店です。
本当にごちそうさまでした。

実はオリジナルでジャムやソースも作っていらっしゃって、
そのうちのバジルソースをひと瓶いただいてきました。
これも複雑な旨味があって、さすが料理人が作る特製ソースでした。
おすすめです。
それから雑誌『サライ』10月号に、お米のおいしいお店として
掲載されていて、代表的なお料理、こなれ寿司が紹介されている
そうです。
私も食べてみたーい。


魚菜料理 縄屋
京都府京丹後市弥栄町黒部2517
0772-65-2127 (要予約)
[PR]
by happytable-eire | 2011-09-21 23:59 | ・Japanese | Comments(0)