愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

やっと、今年のおでん

もう3月も終わるという頃になって、やっと今年もおでんを
炊くことができました。
おでん種の練り物は、1月頃から新鮮なお魚を見つけると買って、
作っては冷凍しておきました。
ただ、私にとっては何がなくともおでんには大根、なのですが、
今年はこれが問題でした。

一昨年までは時々LidlやTescoに出ていたのに、この頃は見ないし、
昨年は一度だけでしたが、Supervaluでも立派でみずみずしい大根が
買えたことがありましたが、今年は運悪くか、そういう機会には
出会いませんでした。
時々アジアマーケットをのぞいてはみましたが、しなしなで
見るも悲しいような大根ばかり。
二度ほど買ってはみたものの、炊いても炊いても柔らかく
ならなかったり、すが入っていて使い物にならなかったり。
頼みのマーケットのオーガニックのお店でも、いつも冬になると
たいてい置いていたのに、私が行った時に限ってか、
「いつもあるのに、今日はないの〜」と言われ、
ひそかに「先週もなかったやん」と思いながらも、「来週は
持ってきてね〜」と愛想良くお願いしていたのに・・・

というわけで、やっと、新鮮で柔らかい大根が手に入ったのが
もうすっかり春らしくなった、今頃になってしまったのです。
冷凍庫で待ちくたびれていた鰯のつみれと鯛のすり身ボールに、
厚揚げ、卵、こんにゃく、じゃがいも、にんじん、昆布で今年の
おでんが出来上がりました。
近所に住む日本人のお友達も呼んで、一緒に楽しんだのですが、
その時に聞いた面白い話。
なんと、彼女のおうちではおでんには大根は入らなかったそう。
その理由は、お母さんが炊いた大根が嫌いだから・・・
大人になって外でおでんを食べた時に、はじめておでんには
大根を入れるのを知ったのだそうです。
家庭の味って、本当にそれぞれ違うものなんですね。

練り物には、一昨年は Whiting、昨年はHakeを使いましたが、
今年は鯛に1cm角くらいに切った玉ねぎを加えてみました。
日本でよく買っていた宮城県石巻市の高橋徳治商店さんの
商品の中でも特に好きだった、鯛の玉ねぎボールを思い出して
のことです。
今までどうしても、ムチっとした食感が出なかったのですが、
ネットで調べてみると、揚げる温度が重要だとのこと。
100℃〜140℃の低温で、短時間で揚げるのだそうです。
これは含まれる酵素と関係があるのだと思いますが、詳しくは
わかりません。
少し固めでしたが、やや弾力のある食感が出たので、
これまでよりはずいぶんいい感じになりました。
ただ油が新しかったので色がつかず、色よく揚げるには、
油は古いものを使う方がいいようです。
柔らかくて弾力がある食感にはまだまだほど遠いですが、
毎年少しずつ進歩しています。

おでんの残り汁には、旨味がたっぷり。
2日後にはターナップを炊いて、お弁当のおかずにしました。
冷凍庫に少し残っていた鯛ボールも一緒に炊いたので、
練り物のストックもなくなり、またおいしい練り物作りに
挑戦しなければ。

先に書いた高橋徳治商店の練り物は、添加物を一切使わず、
地元の新鮮な魚だけで作られていて、絶品のおでん種でした。
共同購入を通じて買っていたのですが、そこのホームページで、
このお店が被災されたことを知りました。

22日現在、スタッフの方とは連絡が取れたそうですが、
工場も社屋も海岸近くにあるそうなので、大きな被害を
受けられたようだと書いてありました。
詳しい状況はまだわからないようですが、遠く離れた京都でも
こうやって被災地と繋がっていたのだと実感しました。
今後も情報をチェックして、このお店が復活してくださることを
祈りたいと思います。
e0149801_8535427.jpg

[PR]
Commented by cheezo at 2011-04-02 00:06 x
鯛のんおいしかったなぁ・・・。
炊いてるおだしの味が上品ででもしっかりしてて最高でした。
練り物教室してください。
Commented by happytable-eire at 2011-04-02 00:47
☆cheezoさん、おほめの言葉、ありがとう。
練り物は教室はまだ無理やけど、研究会なら・・・
まだまだ試行錯誤中。
by happytable-eire | 2011-03-30 23:59 | ・Japanese | Comments(2)