愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

2011年 お雑煮

年も明けて、早くも10日が過ぎてしまいました。
喪中なので、新年のご挨拶は控えさせていただいていますが、
今年もよろしくお願いします。(すみません、遅すぎますが・・・)

一連のクリスマス行事は無事に終え、息子の誕生日を迎えたあと、
年末の3日間、実はすっかり寝込んでしまいました。
のど全体が腫れている感じはするものの、風邪らしい症状は
たいしたことはないのですが、とにかく頭痛と倦怠感で
起きられず、寝ているしかない状態。
ほとんど食べられないままに、ようやく起きられるように
なったのが、年が明ける頃になってからでした。

例年通り兄の家で年越しの予定だったのが、そんなことで
すっかり狂ってしまいました。
年が明けて午後になり、ようやく車には乗っていられそうに
なったので、やっとWest Corkへ出発。
あちらではいつものように、特に何をするということもなく、
昼間は散歩をしたり、暖炉の前で本を読んだり、
夜はお友達が来られて楽しい食事とお酒。
まだ本調子ではなかったので、私は料理をすることもなく、
4日間すっかりお客様で過ごしました。

e0149801_10304736.jpg3度目の今年こそは、日本のお正月らしい料理も作りたかったのですが、年末年始がこの調子で夢と終わりました。
でも、お正月のために日本から持ち帰ったお餅だけはと、1日の朝に簡単なお雑煮だけを作りました。
冷蔵庫にも何もなかったので、具はお芋用のバスケットにひとつだけ残っていた里芋と人参だけを入れたすまし汁のです。
里芋も日本からの帰りの荷物にしのばせた密輸(?)品。
具がない分、出しは昆布と鰹節でしっかりとって、薄味で仕上げました。
三日間、おかゆや麺類でさえほとんど入らなかった胃にもやさしくおさまってくれて、ちょっと元気を回復。
久しぶりに食べるお餅が本当においしく感じられました。
1キロ入袋は重たかったけれど、持って帰ってきてよかった〜

e0149801_17335948.jpgWest Corkから戻ってきた翌日も無性にお餅が食べたくなり、小豆を炊いておぜんざいにしました。
甘さ控えめでさっぱりとしたおぜんざいのおいしかったこと。
小豆も北海道産のもの。大粒でふっくらと炊けました。
正食では小豆を炊く時に、昆布を少しだけ加えます。海のものと山のものを一緒に取るとバランスがよくなるとかだったと思います。
炊きあがる頃には昆布もとろとろになって、入っているのもわからなくなるのですが、なぜかおいしい。小豆のアクもほとんど取らなくても、まろやかになる気がします。
本当はお餅はこんがり焼いてから入れるのが好きですが、贅沢は言えません。

このお雑煮やおぜんざいは、漆の蓋付き椀に盛りました。
日本からもってきたお重とのセットのものですが、
箱にしまったまますっかり忘れていたのを出しました。
金彩が入っているので、普段使いにはたいそうですが、
おもてなしの時には出番を増やそうと思います。
日本のお正月らしいことは何もできなかったけれど、
このお椀だけで、ほんの少し気分を味わった新年でした。

昨年の6月頃から更新ペースが落ちてしまっていますが、
このブログのおかげで日本の友人とも繋がってられます。
昨年は大学時代の後輩が見つけてくれて連絡が取れたり、
また新しい出会いもあったり・・・
今年も無理なく続けたいと思いますので、時たまでも
覗いてやってくださいませ。
[PR]
Commented by クミコム at 2011-01-12 23:08 x
体調はもうよくなられましたか?
今年もブログ&おいしい写真を見させてもらって「おいしい」気分に浸らせていただこうと思います^^

私は今年、初めてアイルランドに玄米餅を持ってきておぜんざいにしました。正食では昆布を入れるのですね!関西では塩昆布を添えて食べるところもあるようですが(私の実家ではしてませんでした)。

今年もよろしくお願いいたします!
Commented by happytable-eire at 2011-01-13 09:07
☆クミコムさん、ありがとうございます。もう大丈夫。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

玄米餅も香ばしくておいしいですよね。

京都ではお店でおぜんざいを食べると、よく塩昆布が添えられてます。
口をさっぱりさせるためだと思ってたけど、ひょっとしたら正食と同じ
理由なのかな?
何にせよ、いい組み合わせ、ということなのでしょう。
Commented by ぺろり at 2011-01-13 09:40 x
こんにちは。
昨年11月末からダブリンでワーキングホリデーをしている者です。
最近こちらのブログを発見して、楽しく拝読させてもらっています。
こちらに来てしばらくは食生活に慣れず何を食べて良いか分からなかったのですが、このブログの美味しそうなお料理を見て、ダブリンに居てもこんなお料理を作ることができるんだ!と感動しました 笑
そして初めて過ごすアイルランドでのお正月。
お雑煮がとても恋しかったので、またまたお雑煮の写真で癒されました 笑
今度機会があればお料理教えていただきたいです。

これからも楽しくブログ読ませていただきます!
Commented by happytable-eire at 2011-01-13 18:04
☆ぺろりさん、はじめまして。ダブリンへようこそ。
こちらでの食生活、たしかにカルチャーショックは大きいでしょうね。
私もはじめは、ここでどこまでの料理ができるのか不安でしたが、
少しずつどこで何が買えるかがわかってきて、あとは
「なければ自分で作る」精神で、なんとかなるものです。
アイルランド生活を思いっきり楽しんでくださいね。
Commented by ぺろり at 2011-01-13 20:56 x
こんにちは。返信ありがとうございます。
「なければ自分で作る」精神、大事ですね!
この前は缶詰のバタービーンズで白あんづくりに挑戦したのですが、意外と上手にできました。
アジアンスーパーマーケットなども上手に利用すれば、いろいろ自分で作れる幅が広がりそうですよね。
ブログのお料理も参考にさせていただきます♪
これからも読むの楽しみにしてますね。
Commented by spank at 2011-01-13 21:24 x
元気になられてよかった! 明日から、京都、下調べほとんどなしですが、行ってきます。おぜんざい、あずきの炊き方、是非、伝授してあげてください。
Commented by happytable-eire at 2011-01-13 21:24
☆ぺろりさん、バタービーンズで白あん、立派です!
わからないこととかあれば、またお問い合わせください。
私のわかる範囲でお知らせしますよ。
Commented by happytable-eire at 2011-01-13 21:26
☆spankさん、ありがとうございます。
小豆の炊き方、伝授するというほどのものではありませんが、
まかせてください。
京都、楽しんできてください。
Commented by ぼのぼの at 2011-01-15 06:30 x
体調は回復されましたか?今年は、実家で贅沢に母のおせち料理と、お雑煮を食べれましたが、来年は、自分で作りたいです。小豆は一袋買ってきましたが、アイルで以前買った小豆であんこをつくったら、どれだけ炊いても、硬くて。たまたま変な小豆にあたったのでしょうか?それとも、炊き方がわるかったんかなぁ?遠くてすぐには会えませんが、今年もよろしく!
Commented by happytable-eire at 2011-01-15 09:10
☆ぼのぼのさん、もう大丈夫です。ありがとう。
実家でおせち、うらやましいです。
小豆は、私も一度そういうのにあたって、あやうく火事になりかけましたw
(火にかけたまま忘れて寝てしまった・・・)
それは炊き方ではなく、悪かったんだと思いますよ。すごい小粒だったでしょ。
ヘルスショップで買ったのがとっても大粒で、ふっくら炊けたことも
あるので、こちらでも選んで買えば大丈夫です。
そうですね、ちょっと遠いけど、今年は西にも行きたいな〜
by happytable-eire | 2011-01-10 23:59 | ・Japanese | Comments(10)