愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

京丹後の「魚菜料理 縄屋」

日本滞在中は親戚や友人に誘ってもらって、外食の機会が
とても多かったのですが、行ったお店の中で特に気にいった
お店を紹介します。

京丹後市弥栄町にある「縄屋」さん。
祖母の忌明、納骨の法要のあとに食事に行ったお店です。
大人数で会食のできるお店となると、田舎だけに選択肢が少なく、
とりあえず家に一番近いお店で予約していました。
でも法要直前の四日前になって、以前から気になっていた
このお店のことをふと思い出し、聞いてみたら空いていたので
急遽こちらに変更しました。
ここは3年ほど前に、ある記事で紹介されていて知ったのですが、
価格などの詳しい情報が出ていなかったので、店構えから見ても、
もっと敷居の高いお店だとばかり思っていました。

食事してみて分かったのですが、お料理の内容からいって、
お代はかなり良心的。
でも料理は本格的日本料理で、丹後にこんなお店ができたのが、
何よりうれしく、驚きでした。
丹後では新鮮な魚が手に入るのが魅力ですが、それを洗練された
料理に仕上げるのは、やはり料理人の腕とセンス。
縄屋さんは料理のおいしさもさることながら、店の造りから
器選びのセンスまで、トータルで素晴らしい。

実はお店の紹介をするのは、このブログでははじめてのこと。
私はもともと外食が少ないこともありますが、料理のおいしさを
表現するのはとても難しく、これまでは断念してきました。
ほんとうは内緒にしておきたい気持ちもあるのですが、
大好きな丹後にこんなお店があることを自慢したいので、
がんばって書いてみます。

その日の5000円のコースのお料理。その日の食材によって変わるようです。
(間違いないとは思うのですが、書いたものがあったわけではないので、
 あくまでも私の表現です。写真はうまく撮れたのだけですが・・・)
前菜             まぐろの山かけ
椀                 粕汁
e0149801_1758384.jpg
白味噌も甘すぎず、上品なのにこっくり。
まだまだお酒が絞れそうな、新酒の上等な酒粕が使ってあるとみました。
甥っ子が残したお汁もいただいたら、からだがぽかぽかしてきました。

造り              ひらまさ いか
e0149801_17591724.jpg
この美しさ!新鮮さだけでは、こうはいきません。
刺し身は切り方で味がかわるというのを実感しました。
細かく切り目が入れられた、いかの甘さは絶品でした。


冷菜             生の穴子のポン酢和え
e0149801_1851262.jpg
穴子の生なんて初めてだったし、ポン酢に少し唐辛子とごま油
(だと思う)がきいてて、それが絶妙のバランス。印象的な一品。

焼きもの     よよしの味噌漬けのエリンギ巻き 伊達巻き 栗の渋皮煮
e0149801_1812026.jpg
ほろりとやわらかい身に程よい味噌の風味が上品。
よよしはイボダイの丹後の呼び名だそうです。


蒸し物          いくらと銀杏の飯蒸 
e0149801_17595588.jpg
もちもちのもち米に銀杏の香り。いくらのほのかな塩分がいい。
翡翠色の銀杏といくらの朱、彩りも美しい。

揚げもの       揚げた海老芋のカニあんかけ
e0149801_198052.jpg
甘い海老芋にカニあん、これ以上の組み合わせがある??

ご飯             土鍋で炊いたきのこご飯 漬け物 蕪の吸い物
e0149801_180354.jpg
お腹いっぱいでもおかわりしてしまったほどのおいしさ。
そして漬け物は完璧。
お吸い物の出汁のおいしさにはため息がもれ、具の蕪の
生に近いような食感も新鮮でした。
写真は撮り忘れましたが、素敵な土鍋でした。

デザート        リンゴ酢アイス


食材の新鮮さは丹後という土地柄のこともありますが、お野菜も
自家栽培のものを使っていらっしゃるとか。
実はうちの娘は魚が苦手で、普段はほとんど魚は食べないのですが、
その娘がすべて、おいしくいただきました。
苦手な理由は生臭みですが、それがまったく感じられなかった
らしいのです。
東京から来たいとこは、これだけの料理だったら東京ではこの3倍の
代金でも驚かないと言っていました。
とにかく、子ども(とろとろオムライスのお子様ランチを作ってもらいました)
も含めて全員が大満足。
料理がおいしいと話もはずみ、祖母へのいい供養となりました。

それにしても、こんなに苦労した記事はめったにありません。
料理のおいしさ、素晴らしさを伝えるのは本当に難しく、
私の文ではとても表現しきれません。
丹後にいらっしゃる機会があれば、ぜひ足を運んでみて下さい。
遠くからわざわざでも行く価値、絶対ありのお店です。

魚菜料理 縄屋
京都府京丹後市弥栄町黒部2517
0772-65-2127
[PR]
Commented by cheezo at 2010-11-18 07:37 x
洗練されていて、でも気取ってない。
けど、家庭では食べられない・・・そんなお料理ですね。
丹後といえば私は伊根町が好きでよく行きました。
文章を読みながら私も食べているような気になって、幸せな気分になりました。口の中に想像の味が少し広がりましたが、きっともっとおいしくて、むふって笑うほど幸せな味なんでしょうね~。そういう料理との出会いしたいなぁ。。

Commented by happytable-eire at 2010-11-23 01:28
☆cheezo さん、
>洗練されていて、でも気取ってない。
けど、家庭では食べられない・・・そんなお料理ですね。

その通り、私より上手に表現してくれて、ありがとう。
そして、「むふっ」て笑いながら食べてましたよー
Commented by yumi at 2010-11-24 07:02 x
久しぶりの里帰り 美味しい時間が持ててよかったですね。
丹後は 本当に新鮮な食材に恵まれていますね。2年まえ 従姉の運転で福知山から丹後にかけての 心癒される豊かな緑の風景が忘れられません。 道中立ち寄った地元産直売のお店で 地酒の豊富さにもびっくり。博識の従姉が ここではお酒づくりようの良質で大型の白米がとれるんですって。知らなかったなー。お酒用のお米があるなんて。手打ちそばも 美味しいですよね。 勿論 絹織りの街でもありましたから 食べられる絹も買いました。繊維不足に良いかも。
Commented by happytable-eire at 2010-11-25 04:16
☆ yumiさん、京都育ちの私ですが、丹後がほんとうの故郷だと
思っています。
山の幸も海の幸も豊富で、おいしいものがたくさん!
お酒もおそばも、丹後への道中で食べたり買ったり。
いつかご一緒できたらいいですね。

Commented by kyoko at 2010-11-26 02:14 x
当店の記事、掲載頂きありがとうございます。
身に余るほどの言葉でおほめ頂き、言葉が見つからず、コメントが遅れてすみません。

まず、訂正です。
お造りは、はまちではなく、ひらまさです。はまちのような味と食感なので間違えやすいかもしれません。
よよしは、粕漬けではなく、味噌漬け。柔らかくて、食感が優しいでしょう? 私の好きな魚料理のひとつです。

また時々、覗きに来ますね。
本当にありがとうございます。
Commented by happytable-eire at 2010-11-26 07:05
☆ kyokoさん、こちらこそご訪問ありがとうございます。
お料理を確認しようかと思ったのですが、お店でお忙しいのに
手を煩わせてもと思って・・・
間違って掲載してごめんなさい。
そして訂正いただいてありがとうございました。

よよしは味噌漬けでしたか。ほんとうに身がふっくらしていました。
ああ、また食べたくなってきました。
ご主人にもよろしくお伝えくださいね。
またそちらのブログにも伺います。
by happytable-eire | 2010-11-15 23:59 | ・Japanese | Comments(6)