愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

音威子府そば

土曜日の夜のこと。
夫が明日のお昼に友人を招いてもいいかと聞くので、
簡単な料理でいいならどうぞ、と答えました。
その友人はホリディから戻ってきたばかりだし、あまりに急だし、
まあ実現はしないだろうと高をくくっていたのですが・・・
実現してしまいました。
彼は画家で、日本での個展を控えていて、来週にも日本に発つ
ということだったので、個展の成功を祈って(?)和食にしました。
実は冷蔵庫が空っぽで、何の下ごしらえもできないので、
和食のほうが手早く出来たりします。

朝起きてみると、爽やかで素晴らしいお天気。
夏の締めくくりで、お料理はおそばと天ぷらに決めました。
まず菜園に行って使う野菜を収穫し、帰りに魚屋さんへ。
いつものお店がまだ開いてなくて、仕方なく他のお店へ。
日曜日は教会のミサの日なので、開店がいつもより遅い店が
たくさんあるのです。
Gurnard(日本では『ほうぼう』に近いようです)という白身魚と
海老を買い、Howthのマーケットで足らない野菜を買って帰り、
すぐに支度に取りかかります。

まずは昆布と鰹節でだし汁をとって、麺つゆをたっぷり作ります。
かぼちゃ、にんじん、ズッキーニ、ランナービーンズを
火が通りやすい大きさに切って菜種油で素揚げし、熱々のまま
麺つゆに漬け込んで、冷蔵庫で冷やします。
私は麺つゆに少しだけ、上等のバルサミコを加えるのですが、
それでこくが加わり、口当たりもさっぱりします。

付きだしにはサラダミックスの中に混じっていた、ちょっと苦みの
ある菜っ葉の胡麻和えと、なすの田楽。
田楽味噌には少しだけ柚子胡椒を加えてみました。

あとは白身魚と海老を紫蘇で巻いてさっと天ぷらにし、
そばをゆがいて、よく洗ってざるにあげ、天ざるです。
冷やしておいた麺つゆでいただきますが、本当なら大根おろしが
欲しいところで。でも、これはなかったので我慢。
冷えたビールで乾杯し、冷たいおそばが口当たりよく、
たっぷり茹でたそばもあっという間になくなりました。

みんなもう少し食べたいと言うので、息子が北海道から持ち帰った
「音威子府そば」(おといねっぷそば)を思い出し、追加で茹でました。
ざるにあげたらさっと食べたかったので、写真がなくてごめんなさい。
製造元のHPで見てもらったらわかりますが、ものすごーく色の濃い
おそばです。
のどごしよく、歯切れもちょっと粘りがあるというか、コシがとても
強いんです。
色だけでなく、香りも濃い!
その秘密は、原材料の記載にある、「かん水」にあるとみました。
かん水は中華麺を打つ時に使われますが、コシを強くする働きが
あるそうです。色が濃いのもそのかん水の効果かも。
このおそばは「黒いそば」というので、有名になったのだとか。
ちょっとおもしろいのでおすすめです。
北海道の地元で買う意外にもネットで買えるようですよ。

ちょうど食べ終わった頃に、地方に住む友人夫婦が近くに来たからと
寄ってくれました。
一緒にビーチを散歩に行って、夕食をうちで食べていくことになり、
本当に残り物だけでしたが、また和食を作りました。
肉じゃが、ランナービーンズの胡麻和え、大きなマッシュルームの
味噌グリルにご飯とみそ汁、きゅうりのお漬け物という一汁三菜。
本当の家庭料理ですが、それでも喜ばれました。
久々の友人たちと過ごした一日、楽しかったです。
[PR]
by happytable-eire | 2010-08-31 23:59 | ・Japanese | Comments(0)