愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

海釣りと和食の夜

e0149801_752023.jpg
昨日は兄の豪華なお料理を紹介しましたが、一晩は私が和食を作りました。
初めからそのつもりで調味料や鰹節、そうめんなどは家から持参。
ウェストコークではいいお魚は買えるので、魚介や野菜の天ぷらと冷たいそうめんを考えていたのですが、
たまたまその日は海釣りに出かけたので、その獲物で思いがけない料理もできました。
それが、鯖寿司と白身魚の手まり寿司。

釣りはToormoreの岩場でスピナーという疑似餌を使った投げ釣り。
私は見てるだけでしたが、けっこう楽しめました。
魚がかかって釣り上げるまでのワクワク感は、見ててもエキサイティングです。
雨がパラパラ降り出すまでの午後の約3時間で、鯖3匹、Pollack(ポラック)7匹の成果はなかなかのもの。

e0149801_754296.jpg
帰るまでは岩場に生け簀のように水がたまっていたところに放していたので、魚は直前まで生きていて、これ以上ない新鮮さ。
初めて見る生きた鯖の背の模様の美しさは、何とも言えない色と輝きでした。
そして小一時間で家へ戻ったらすぐに処理。
鯖2匹は三枚におろして塩をし、そのあと酢でしめて鯖寿司にしました。
とても細身ながら肉厚の鯖だったので、それに合わせて細めにまとめて一口サイズで前菜に。

e0149801_754327.jpg
さて、ポラック。
和名が何なのかわからないまま、三枚におろしながら切れ端を醤油につけて食べてみたら、
さっぱりとした白身がおいしい。おもわず声をあげてしまいました。
これ以上ないほど新鮮なのですからおいしいのは当然のこと。
鯖寿司にした残りのご飯といっしょにラップでしぼって小さな手まり寿司にしてみました。

あとは味付けした豚肉を揚げたのと素揚げした野菜を、
麺つゆと鰹節でさっとあわせた料理、いかリングと
帆立の天ぷらを胡麻だれで和えた料理を作りました。
前菜に少しだけ添えたいんげんのピーナッツ和えも
好評でした。

そして、盛り上がったのがそうめん。
西洋人にとっては音を立てて麺をすするのは最悪のマナー。
私がつるつるっと音を立ててすすって食べて見せ、
みなさんにやってもらったところ、甥っ子のRobbieが
まあ上手なこと。
見事においしそうな音を立てて、そうめんをすすって
くれました。
これでやたらと盛り上がり、料理もみんなに喜んでもらって
楽しい夜となりました。

残りの魚は翌日、フライパンでソテーして朝食のおかずになりました。
こちらでも、伝統的に魚を朝食に食べることはあるそうですよ。
実はポラック3匹は開いて塩をして納屋に干してみたのですが、
ものすごい量のハエにたかられたので、泣く泣くあきらめました。
うまく干せたらおいしい干物が食べられたのに・・・残念。

さてPollack(ポラック)を帰ってから調べてみると、和名は
スケトウダラだとわかりました。
そしてスケトウダラにはアニサキスという寄生虫がいることが
多いので生食は危険で、十分に加熱するか、凍結(摂氏-20度
以下で24時間以上)させることが必要だということです。
あまりの新鮮さについつい生で食べてしまいましたが、
今回は何事もなくてよかったものの、こういう知識もないと
危ないのだと反省しています。
[PR]
Commented by Patrick at 2010-08-03 03:39 x
ポロック!!!
by happytable-eire | 2010-07-31 23:59 | ・Japanese | Comments(1)