愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

揚げた高野豆腐の炊いたん

和物が続けて登場していますが、今日もまた・・・

先週のお客様の時に作ったメニューの揚げ高野豆腐の含め煮、
付きだしに何かお豆腐の料理をと思っていたのに、街まで買いに出る
時間がなく、高野豆腐で代用しました。
メニューを書いただけでしたが、コメントをいただき、
この料理は「オランダ煮」というのだと教えていただきました。
私にとっては京都風に『炊いたん』というほうがしっくりきますが。

その少し前に日本からのお土産で頂いたのが残っているのを見つけ、
でも高野豆腐だけで炊くのはちょっと味気ないしと、思いついたのが
炊く前に揚げることでした。
そうすればこくが出て、肉や魚がなくても旨味が出ると思ったのです。
高野豆腐というのはご存知の通り、何かの旨味をたっぷり吸ってこそ
おいしく食べられます。

まず普通に水で戻して水気をしっかりめに絞り、新しい揚げ油を
高温に熱して、さっと揚げました。
まわりがちょっとかちっとするくらいになったら油をよく切って、
あとは醤油と酒、みりんで味をつけただし汁で味を含めるように
煮るだけです。

初めて作って食べた時に驚いたのがその食感。
まったく予想外にふわふわとして、だしをたっぷり吸っているので、
あたたかいうちは口の中でとろけるような感じです。
正直言って、高野豆腐の食感があまり好きではなく、積極的に
食べたい料理ではなかったのですが、この料理をするようになって、
あっという間に高野豆腐のストックがなくなってしまいました。
あのスポンジのような独特の食感が好きな方には、頼りなく
感じられるかもしれませんが、私はこちらの方が断然好きです。

e0149801_20165242.jpg昨日は出はじめの生のグリーンピースがあったので、一緒にさっと煮てみました。
グリーンピースの色が目にも鮮やかで春らしい一品になりました。
写真の奥のは一緒に作った鯛飯。これについては、また後日。

乾物はいざという時にいつでも使えて助かりますし、栄養価も高いものが多いので、多いに利用したいものです。
特に高野豆腐は、普通のお豆腐と比べると使う大豆の量が多く、同じ重量の豆腐の約7倍もの大豆が使われているそうです。
大豆は特に女性にとっては積極的に取りたい食品なので、それもうれしい。

乾物は海外暮らしでは貴重な日本の食材です。
日本から持って来るにも、送ってもらうにも軽いので助かります。
ただ乾物の中でも高野豆腐は脂質が酸化して味が変わりやすいので、
気をつけないといけませんが。

油で揚げるひと手間が余分にかかる料理ですが、手間をかけるだけの
ことはあります。
ぜひ、作ってみてください。
[PR]
Commented by yumi at 2010-05-30 18:08 x
すぐにでも作りたいんだけど この間 最後の高野豆腐使い切ってしまってとても残念!
Commented by happytable-eire at 2010-05-30 23:01
☆yumiさん、そうなんですね。
手に入ったらぜひ、作ってみてください。
by happytable-eire | 2010-05-28 23:59 | ・Japanese | Comments(2)