愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

スコーンを焼く!

スコーンのことは以前にもこのブログにも書きましたが、
こちらへ来る前、一年ほどはスコーンを焼いて販売していました。
バザーに出品したり、楽天堂さんでも週に一度置いていただいて
いましたし、お使い物にとたくさんの注文を受けたこともあります。

スコーンは私のベーキングの中でも特に自信のあるものでした。
というか、日本にはおいしいスコーンってなかなかないですから、
私のスコーンを食べて、スコーンっておいしいものだったのだと
知ってくださった方もあったと、自負しています。

日本では北海道産の薄力小麦が軽すぎず、重すぎず、
私が理想とするスコーンの感じにとても合っていたのですが、
国が違えば材料も違い、こちらへ来てからはなかなか
理想のスコーンが焼けなくなり、ずいぶん遠ざかっていました。

でもスコーンは私自身の好物でもあるので、カフェなどでは
たいていスコーンを注文します。
ところが、なかなかおいしいスコーンに出会うことはありません。
やたらと大きくてもっさりしていて、洗練された印象のスコーン
というのは意外にないものです。
こちらでおいしいと思ったのは名門Merrion Hotel の
The Drawing Roomのスコーンのみ。
素朴さがアイルランドのスコーンらしさ、と言えばそうなのかも
しれませんが・・・

先日、Fairviewの人気カフェ、Kennedy’s Food Store
お友達とお茶をして、その時にもスコーンを注文しました。
噂に聞いていた通り、これがなかなかおいしいスコーンでした。
まわりはカリッと、中はしっとり、バターの香りもよく、
大きさもこちらの一般的なサイズよりはひと回り小さくて上品です。
その日はプレーンとドレンチェリーとクルミの2種類がありました。
イートインで2ユーロというのは、たいていのカフェより安いし、
それでいておいしいのですから、いうことなし。おすすめです。

そして昨日、7月に日本から遊びにやってくる親戚と話をしていて、
こちらでぜひ食べたいものはあるかと聞くと、なんと出て来た言葉が
私の『スコーン』だったのです。
「ドキ!」一体いつから焼いてないだろう・・・
おいしいのが焼けるようにしておく約束をして電話を切りました。
そこでさっそく焼いてみたのが、今日のスコーンです。

配合もですが、食感の違いは粉とバターそのものの質から来るのだと
考えられます。となると、いろんな粉やバターを試してみるのが
近道かも・・・
そこで試してみたのがGleniskの新製品のオーガニックバター。
先日見つけて買っておいたのですが、そのまま食べてもおいしいほど、
まったくしつこさを感じない、上質のバターです。
粉は少しグルテンを弱めるために、小麦アレルギーの人のための粉を
配合してみました。

e0149801_1851955.jpgバターは正解だったようです。
こちらのバターは柔らかくて、よく冷やしておいても、粉に切り込んでいるうちに柔らかくなり、さらさらと混ざらないことが多いのですが、このバターはいい感じでした。焼き上がりの香りもすごくいい。
ただ食感は、グルテンなしの粉が多すぎたのか、ざらっとしてしまい、しっとり感がでませんでした。
香ばしく焼けた感じはとても良かったのですが、割った時のしっとり感、これがまだまだ・・・
スコーンを焼く日々が続きます。
[PR]
Commented by melocoton1 at 2010-05-03 19:55
綺麗に膨らんでますねー!

スコーン、本当においしいものなかなか無いですよね。 イングランドでもスコットランドでもあまり好みのスコーンに出会いません。 

有名なホテルのアフタヌーンティーでもスコーンがおいしくないこと多いです...。
Commented by happytable-eire at 2010-05-04 03:43
☆ melocotonさん、ありがとうございます。
けっこう高さがあって、ぱくっと割れてるのが私の理想です。
イングランドでも、こちらと似たような感じなんですね。
しばらく続けてやいてみます。
Commented by たかやん at 2010-05-04 21:36 x
スコーンといえば、こないだフェニックスパークのヘリテッジセンターのカフェに旦那のお母さんと行ったときに、彼女がスコーンを食べて、すごくおいしい!口の中でとろける!と興奮してましたよー。私は食べてないのでわからないのですが、もし機会があったら行ってみてください♪
Commented by happytable-eire at 2010-05-04 23:25
☆たかやんさん、情報ありがとうございます。
機会があればぜひ、トライしてみます。
by happytable-eire | 2010-05-01 23:59 | Baking | Comments(4)