愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

続・和風弁当


先日作った和風弁当、後日談です。
実はあのお弁当は、依頼主が後日主催されるイベントでも
作ることになっていて、その宣伝素材としての写真を撮るのも
目的でした。
炊きたてのご飯を詰めて、お客様にお出しするまでの短時間で、
窓際の自然光で撮ったのですが、ご飯の白がとんでしまい、
ご覧のように写真はひどい仕上がりでした。
料理のあとでちゃんと写真を撮るというのはなかなか難しく、
これでいいと思っていても、あとで見てみると使えない物ばかりと
いう事は多々あります。
ブログにはアップしましたが、宣伝素材としてはまったく使い物に
ならなかったので、2日後に撮り直しをすることになりました。

お料理も当然作り直したのですが、他の素材で間に合わせたり、
先日の反省をふまえて改良したり、また写真うつりを考えて、
彩りをもう少し工夫したり・・・
友人は一眼レフを持ってきてくれて、ライトで光を調節したり、
バックの色を変えてみたり、配置を変えてみたりと、ふだんは
ひとりで時間をかけて写真を撮る事もなかなかないので、
とてもいい勉強になります。
料理の写真はその専門家もいるほどで、プロでさえ難しいと
言われます。
時には手製の反射板を使って光のあて方を変えてみたり、
あとで修正を加えてみることもありますが、写真はちゃんと勉強
したい事のひとつです。

私のバカチョン(これって死語?)デジタルで撮った中では
一番よかったのがこの写真。
先日の料理とほぼ同じ内容で撮ったのもあるのですが、やはり
卵焼きを加えたのが彩りもきれいです。
また、バックに赤をもってきたらグンとおいしそうになりました。

色の出方を考えて半生のまま撮影ということもありますが、
このお弁当はきちんと調理したものばかり入っています。
なので時間をかけて撮影したあと、遅いお昼にしっかりいただきました。
そこはお弁当、冷めてもおいしいように作っていますからね。

友人が一眼レフで撮ってくれたのも仕上がりが楽しみです。

e0149801_2384812.jpg

[PR]
Commented by ふう at 2010-02-28 23:52 x
とっても綺麗な仕上がりですよ~。
これが正に本当の「日本のお弁当」アイルランドでじゃんじゃん売り込んでください。
Commented by happytable-eire at 2010-03-01 02:39
☆ふうさん、ありがとうございます。
どうやって売り込みますしょう??
Commented by sora at 2010-03-01 16:33 x
やっぱり、写真の写りは大事ですね。
せっかくうまくできたお料理なのだから、
うまく撮りたいですよね。
今のデジカメは性能もよいのですが、それでも私には難しいです。
Commented by happytable-eire at 2010-03-01 16:46
☆soraさん、できることなら「おいしそう」と思ってもらえる
ように撮りたいのですが、アングルなどにとらわれると、
それも忘れてしまったり・・・
私の腕ではどんなカメラを使っても同じような気がしますが、
それでも一眼レフには憧れます。
Commented by yumi at 2010-03-01 21:59 x
やはりお弁当には卵焼きがはいるとぴったり収まりますね。とてもバランスの取れたお弁当。同じおかずでもひとつの箱に収まっているだけで蓋をあけるのにわくわくしてしまうのはどうしてでしょうか。
Commented by happytable-eire at 2010-03-01 22:47
☆yumiさん、そうなんです。卵焼き器がないので、当日お客様に
出すのはきれいに出来なかったら困るので断念したのでした。
ほんとにそうですね。お弁当って不思議な力がありますね。
by happytable-eire | 2010-02-25 23:59 | ・Japanese | Comments(6)