愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

おでんへの道

昨年も一月に一度作ったおでん
やっぱり冬になると食べたくなる料理のひとつです。
でも、ここで作るのは簡単ではありません。
おいしい練り物が手に入らないので、一から作ることになるから。
昨年作ったときはフードプロセッサーがなかったので、
白身魚の身を包丁でたたいてすり鉢でするのが大変でしたが、
ありがたいことに姉が使わなくなったフードプロセッサーを
譲ってくれました。
やっぱりこれがあるのとないのとでは大違い。
白身魚をすり身にするなどあっという間にできてしまいます。
ただ鰯のつみれは、すり鉢でするほうがおいしいような気がして、
結局すり鉢を使いましたが。

一度に全部やろうと思うと大変なので、今回のおでん種は
先日からぼちぼちと作っては冷凍しておきました。
白身魚のすり身には、先日詳しく書いたHakeを使い、卵白と片栗粉、
酒と塩を加えてふんわりと仕上げました。
鰯のつみれは生姜と少量の味噌で臭みを消し、さっとお湯に落として
火を通してから冷凍にしておきました。

昨日はお揚げ作り。
木綿豆腐を思い切りしっかり水切りしておいたのを菜種油で
揚げますが、このごろ、上手にできるようになりました。
今日のはちょっと厚めです。

ここまでが下準備。そしてやっと炊き始めます。ふぅ〜
たっぷりの昆布と鰹節で出しをとって、薄味に味をととのえ、
さっと茹でた大根とこんにゃく、骨付きの鶏もも肉、ゆで卵、
厚揚げを加えてしばらく煮たら火を止めて鍋カバーをかぶせて
おきました。

今朝もう一度煮立ててまた鍋カバー。
煮物は温度が下がる時に味がしみ込むので、おでんのように
煮くずれさせずに味をしっかりしみ込ませるには、こうして
短時間火を入れては冷ますのを繰り返すのがいいそうです。
冷ます時間がゆっくりだと徐々に味がしみ込むので、
鍋カバーは理想的。
コトコト炊くのもいいのですが、うっかり煮詰まったり煮くずれた
おでんはいただけませんよね。

夕方になったらじゃがいもと人参、鰯のつみれを加えてしばらく
煮たらまた鍋カバー。あとひと息。

仕上げは解凍しておいたすり身に1cm角くらいの玉ねぎを加え、
丸めて菜種油で揚げたらすぐおでんに加えて、10分ほど煮て
出来上がり。
おいしい練り物は煮過ぎると旨味が逃げてしまうので、私はさっと
煮るだけにしています。

大根が柔らかく炊けるか心配でしたが、しっかり味もしみて
おいしく炊けました。
大根自体の甘みがもっとあればと思いますが、贅沢は言わないで
おきましょう。
どの素材もそれぞれにおいしかったけれど、特にお揚げは
中にたくさん空洞ができていたので、たっぷり吸った出し汁が
ジュワ〜と口に広がって最高でした。

日本酒を熱燗にしてお伴にすれば「最高〜!」と思わず声が・・・
道のりは遠くてもまた作ろうと思える満足感。
やっぱり冬にはおでんです。

e0149801_14425454.jpg

[PR]
Commented by ninuckey2 at 2010-02-19 03:10
美味しいおでんへの道のりは遠いんですね。。。
でもここまで手間のかかったおでんが美味しくないわけがない!

熱燗と共に・・・なんて、最高やねっ♪
Commented by happytable-eire at 2010-02-19 22:22
☆ninuckeyちゃん、ほんまに、それで食べるのはあっという間。
でも、次の日にさらに味のしみた残り物もまた格別でした。
Commented by ぼのぼの at 2010-02-23 00:37 x
いつも拝見させてもらってたのに、今頃初コメですいません。おでんがめっちゃおいしそうで・・・こんにゃく、大根、木綿豆腐はダブリンンだとすぐ買えます?おでんは北海水産の冷凍されたものを注文して、たまに食べるくらいですから。大阪に行くと絶対おでんは母親に作ってもらいます。。
Commented by happytable-eire at 2010-02-23 08:56
☆ぼのぼのさん、お久しぶりです。
おでん、冬にはやっぱり食べたいですよねぇ。
>こんにゃく、大根、木綿豆腐はダブリンンだとすぐ買えます?
アジアマーケットで買えますよ。大根は最近、テスコとかでも
売ってます。でも高いし、炊いても堅くて食べられなくて捨てた
ことも度々・・・
大阪のお母さんの味のおでん、いいですね。

by happytable-eire | 2010-02-17 23:59 | ・Japanese | Comments(4)