愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

ベジ+ノンベジの和食ディナー

e0149801_19582155.jpg昨日は久しぶりに古くからの友人を招いてのディナーでした。
招待した2組のカップルのうち3人は日本に住んだことがある日本通。
彼らのリクエストに応えてメニューは和食。
和食の方が楽でしょ、と思われるかもしれませんが、私は余計にプレッシャーを感じてしまいます。
おまけにお客様のひとりはベジタリアン。
鰹だしなども使えないのでけっこう大変。
ひとりだけまったく違う料理を出したくないので、メニューをまとめるのにひと苦労しました。
おまけに前日から急にのどが痛くなり、なんとなくだるくて、やる気がまったく起こりません。
朝になっても風邪を理由にキャンセルしようかどうか真剣に悩んだほどでした。

昨日はお昼までベッドで横になってメニューを練り直し、
少し寝て気をとり直して午後から準備に取りかかりました。
午前中ゆっくり休んだのがよかったのか、何とか予定通りに
準備することができて、ほっ。

さて、昨夜のメニューは
○前菜三種盛り(そばのサラダ、アンディーブと豆腐のディップ、
        ブロッコリーの胡麻和え)
○焼きニラ餃子 
○揚げ野菜のマリネ
○がんもどき(抹茶塩添え)
○豆腐と七面鳥の揚げ団子(おろし生姜とつゆ添え)
○黒豆入紅米ごはん
○白菜の浅漬け
○抹茶ムース

ニラ餃子はベジタリアン用にはゆでた茶レンズ豆を粗つぶしにしたものを
豚ひき肉の代わりに加えてみましたが、これはなかなかうまくいきました。
食感こそ違え、お肉かと思うくらいしっかりした味になりました。

e0149801_19585154.jpg揚げ野菜のマリネは茄子、さつま芋、三色のピーマン、ビーンズなどを素揚げにしてマリネにする私の定番ですが、昨日は和風にアレンジ。
もちろん鰹だしが使えないので、醤油ベースに炒めたニンニクとバルサミコ酢でこくを加えました。
がんもどきはたくさん作って皆さんで食べていただき、ノンベジの方には豆腐を加えた鳥団子も加えてボリュームをプラス。

実はもう一品準備していた魚料理(ベジさん用には湯豆腐)は
様子を見てパス。
ご飯とお漬け物はもうお腹いっぱいで食べられないという方もあったので、
いい判断でした。

デザートの抹茶ムースは日本人にとっては普通のものですが、
こちらの人にとっては珍しいので、特に喜ばれました。
和の湯のみに入れて冷やし固めるだけでしっとりした雰囲気になります。

昨日のメニューは日本に住んでいた方にとっては懐かしい味として
喜ばれたし、日本食になじんでいない方にはとっつきやすい
取り合わせだったと思います。
こちらではベジタリアンの方も多いので、こういう機会もまたあると
思います。
ベジタリアンに料理すべてを合わせると、ノンベジの人には物足りなく
なりがちですが、昨日の餃子のように同じメニューを食材を変えることで
一緒に楽しめたのもよかったかと思います。
がんもどきは豆腐料理として立派な一品ですし、また野菜だけの料理を
加えれば大盛りで出しても楽しめます。
昨日はそういうバランスがとてもよかったと思っています。

彼らとは20年以上のお付合い。昔話にも花が咲き、お土産の日本酒は
アッという間に空いてしまい、うちのとっておきの一升瓶も半分が熱燗に
なりました。

こんな調子だったので、例のごとく写真はほとんどありませんが、
友人が撮ってくれた写真で少しばかりお楽しみください。
[PR]
by happytable-eire | 2010-01-16 23:59 | ・Japanese | Comments(0)