愛蘭土の林檎の木の下で

granna.exblog.jp

豆ご飯

お豆の季節です。
私は乾燥豆の料理も好きですが、この季節のエンドウ豆や空豆、
さやえんどうやインゲンといったフレッシュなお豆が大好きです。

数日前に英国に住む友人、ninuckeyちゃんがアップしていた
おいしそうな豆ご飯を見て以来、豆ご飯が食べたくて食べたくて・・・
そろそろ旬だとは思うのですが、先週は嵐のような吹き降りで
土曜日のマーケットはパスしたので、のがしていたのかも。
スーパーではさや入りのはまったく見ないので、エンドウ豆を目当てに
マーケットに出かけました。

ありました。売ってました。
かなり鮮度が悪かったので買うのは少し迷ったのですが、よくよく
選別して一回の豆ご飯に使う量だけを袋に入れました。
他にもフルーツやコールラビをレジに持って行って計算してもらう時、
いつものお兄さんだったのですが、ぱっと袋の中のエンドウ豆を見て、
こんなに悪いのでいいの?と聞きました。
どうしても食べたいから仕方ないと答えると、そのまま袋をくしゃっと
閉じてそのままバッグへ入れてくれました。
彼は前にも少ししなびているからと大根をくれたこともあり、
サービス満点。
奥さまが台湾の人とかいうことで、同じアジア人の私にも親しみを
感じてくれてるのかも。

e0149801_1425710.jpg家へ帰ってさやから出してみると、なんと中ですでに発根しているのが・・・
でも色は青々としたきれいな緑で、じゅうぶん柔らかい。
というわけで、今日の豆ご飯となりました。
少量のお塩とお酒だけのシンプルな味付け。
ninuckeyちゃんがお母さんから受けたアドバイス、「お豆を入れたら混ぜたらあかんえ」を忠実に守って炊きました。
ただ、こちらのPeasと日本で春先に出まわるうすいエンドウとは
品種が違うらしく、豆が小粒で色も緑がちょっと濃いめ。
味もやや甘めかな。

e0149801_143153.jpg贅沢を言えば、豆ご飯にはやっぱりうすいエンドウがいい。
甘みより独特のくせと香りが強いから。
でもちょっと時期が遅かったけれど、毎年春には必ず炊く豆ご飯を、こうやっていただけて幸せでした。

あとは海老と野菜の天ぷらを揚げ、新玉ねぎと大きめのおネギをさっと薄味の出汁で炊いて、純和食の夕食を楽しみました。
[PR]
Commented by marimuramario at 2009-06-16 21:15
初夏の味覚、豆ご飯!  炊飯器のふたを開けたとたんに、ふゎっと沸き上がってくる香りが たまらないですよね。 北海道では、エンドウ豆の収穫時期はもう少し先ですが、是非豆ご飯 炊いてみようと思います。
Commented by ninuckey2 at 2009-06-16 22:12
アナタのスイッチを押してしまった張本人、ninuckeyです^^
ウチのお母はんのアドバイスを守ってくれたとのこと、
彼女も喜ぶと思います。おおきに♪

ちょうど今朝、お母はんと電話で話したんだけど、
京都はそろそろお豆さんの旬は終わりやて、言うてました。
私たちはもうしばらく楽しめるね^^
Commented by happytable-eire at 2009-06-17 00:58
☆marimuramarioさん、北海道のエンドウ豆はまだですか。こちらよりも遅いんですね。今度は空豆を見たら、空豆ご飯も炊いてみようと思っています。
Commented by happytable-eire at 2009-06-17 01:01
☆ninuckeyちゃん、そうそう、あなたにしてやられました。おかげで季節感を楽しめましたよ。
京都はもうすっかり夏っぽいというか、梅雨に入るのでは?
やっぱりあのはっきりした季節感はなつかしいね。
by happytable-eire | 2009-06-14 23:55 | ・Japanese | Comments(4)